【美容室難民の"駆け込み寺"】ショート/ブリーチ/バレイヤージュ/ホワイトカラー/髪質改善

Q. ブリーチ してから縮毛矯正って可能ですか?

*よくある質問* *縮毛矯正に関して*

Q. ブリーチ してから縮毛矯正って可能ですか?のサムネイル画像

髪明るくしたいからブリーチしたいなぁ…でもクセも気になるから縮毛矯正もかけたい…

最近だとブリーチをしてカラーをする方はかなり多くなっています^ ^

僕も毎日の様にブリーチカラーをオーダーされるくらいブリーチをする頻度は高いです。

そしてこのブリーチをする方は

どの髪質の方

でもされる方が実は多いです^ ^直毛であろうとクセ毛であろうと…


SHUN
SHUN

こんにちは。
午前中お仕事ガンバっ^ ^
青森市フリーランス美容師
BLAZE hair(ブレーズヘア)所属
SHUN(しゅん)
です🐒

※SHUNの事を詳しく知りたい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

あなたはこの様に思ったことはないですか?

クセも気になるけど
髪を明るくもしたい!
結構クセが出てきているけど
先にどうしてもブリーチがしたい!

縮毛矯正も考えているし、ブリーチすることも考えている。どっちもやりたいって考える人は結構多いはずです。

このどっちもやりたい際には美容師さんからは

まず先に縮毛矯正をしてから
ブリーチするべき
です

とアドバイスを受けたことがある人は結構多くいるはずです^ ^

なんで縮毛矯正が先なの?

と思う方も中には結構いるはずです。この理由に関しては

↑こちらの記事を見るとわかるはずです^ ^ですが中には

どうしても先に
ブリーチがしたい!

という人も多くいて、そしてブリーチを先にしてしまってから

クセも気になるから
次は縮毛矯正お願いしよう…

と思ってしまう方も多くいます。
果たしてブリーチをしてから縮毛矯正は大丈夫なのでしょうか…?

このような質問が届きました

質問

先日僕の公式LINEにこの様な質問が届きました。

質問内容

SHUNさん初めまして。Instagramでとても素敵なスタイルが載っているなって思いぜひお願いしたいなと思いましてLINEを追加させて頂きました。

今現在私の髪についてなのですがクセがつよく、まとまらない状態になっているので縮毛矯正をお願いしたいなと考えているのですが、SHUNさんのスタイルを結構見させていただいたのですがブリーチのスタイルもかなり良いなって思いました。そしてブリーチしたkとがないのですがブリーチして明るい色にも挑戦してみたいと思いました…!そして今なんですがどうしてもブリーチをしたいので先にブリーチをお願いしたいなと思っています。クセも当然気になっているのですが、ブリーチした後に別日に縮毛矯正をお願いすることは可能でしょうか?

朝早くより長々とメッセージを送ってしまってすいません…。
お手隙の際にぜひご返信をいただければと思いますのでよろしくお願いします。

今回の質問者はInstagramで僕の投稿を見てご連絡して頂いた方からの質問です^ ^

僕のInstagramは基本的には

【ブリーチ・ショート】

のスタイルのみ載っています^ ^例えば…

↑このような感じで掲載しています^ ^なので

ブリーチやりたいかも…

と思ってくださりブリーチの予約を初めてされる方は結構多いです^ ^

今回も同じケース。先にブリーチをしてその後に縮毛矯正を…。というオーダーに関して。

今回はこちらの質問に対して解説していきます^ ^

質問がある場合は
LINEアイコン
※画像クリックで友達追加
↑こちらLINEより受け付けていますので
いつでもメッセージ送って下さい🙈
SHUN
SHUN
目次に戻る

ブリーチしてから縮毛矯正は可能なのか?

クセ毛

では実際にブリーチをしてから縮毛矯正をかけることが可能かどうかという質問に対しての答えはというと

SHUN
SHUN
ブリーチ後に縮毛矯正は
かけることは
可能

これが僕の回答です^ ^ただし

SHUN
SHUN
条件を満たした方
であればかけることが可能です

条件付き

になります。

基本的にブリーチ後に縮毛矯正をかけることは美容業界では

御法度

となっています。ですが最近に技術の進化でブリーチをしている髪でも縮毛矯正が可能になってきています^ ^

ブリーチ後に縮毛矯正を
かけるための条件とは何か?

これが一番気になりますよね^ ^なのでここから解説していきます。

ブリーチ毛でも縮毛矯正がかけられる条件とは?

酸性ストレート

ブリーチをしていても縮毛矯正は可能というお話をしました^ ^そしてかけるためには

条件

というものがあります。その条件とは…

■ブリーチ後に縮毛矯正が可能な条件■

★ブリーチ回数が1回である事
★ケアブリーチ・プレックス配合しての施術
★そこまで痛みが発症していない事
★他店でブリーチしていない事

これらが条件になっています^ ^そしてこの条件から1個でも外れると

SHUN
SHUN
残念ながら
縮毛矯正をかけることが不可能
になります

詳しくは

↑こちらの記事にまとめているので参考にしてみて下さい^ ^

ブリーチ1回・SHUN施術の場合

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

ここからの記事は

SHUN
SHUN
髪の状態別で
縮毛矯正をかけられるかどうか?
に関してお話していきます

まずどの様な条件かというと

★僕自身が施術
★フルブリーチをした状態

という設定で解説していきます^ ^

【ケース①】うねりが弱くそこまで痛んでいない

まずはタイトルでもある様に

★そこまでクセが強くない状態
★そこまで痛みが強くない状態

の髪の場合。画像で提示すると

うねりブリーチ

↑この様な状態です。実際にこの様な状態だと縮毛矯正が可能かどうか?というと

SHUN
SHUN
この様な状態であれば
縮毛矯正は可能
になります

痛みが出ないのか気になりますよね?それは■後ほど 解説しますが

SHUN
SHUN
問題なく縮毛矯正で
綺麗な状態を作ることが
可能になります

【ケース②】うねりが弱く痛みが侵攻している

そして次に

★そこまでクセが強くない状態
★痛みが侵攻している

状態について。画像でお見せすると

クセブリーチ

↑この様な状態。実際に縮毛矯正をかけれるかどうかというと

SHUN
SHUN
残念ながら縮毛矯正は
かけることが不可能

になります

なぜかけられないのか?

同じブリーチの状態なのに
なんでかけられないの?

と感じると思いますが原因は

髪の痛み

にあります。

SHUN
SHUN
同じブリーチ1回ですが
ブリーチ1回でも
痛みが侵攻しているどうか
で縮毛矯正がかけられるかどうか
が決まってきます

今回のケースの場合は

痛みすぎで
かけることができない

という判断です。

もしかけるとどうなる?

もしこの様な状態にかけてしまうとどうなってしまうかということ

ハイダメージ

さらに痛みが侵攻してしまう

断毛

根元から切れてしまう

この様な危険な事象が発生してしまいます。

うねりを改善する方法は?

うねりがそこまで強くなく、痛みが結構侵攻している場合は

SHUN
SHUN
縮毛矯正ではなく
酸性ストレート
で改善可能です

実際に痛みが侵攻してしまっており、うねりが気になる方を改善したケースがあるのですが

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

↑この様にかなり綺麗に改善することが可能です^ ^

SHUN
SHUN
縮毛矯正ではできなくても
酸性ストレートという別の
方法で改善することが可能です

※酸性ストレートに関しては

↑こちらで詳細を見ることが可能です。

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい方は

↑こちらより閲覧可能です。

【ケース③】うねりが強くそこまで痛んでいない

そして今度は

★クセが強い状態
★痛みがそこまで侵攻していない状態

の場合。画像でお見せすると

ブリーチ

↑この様に波打つくらいのクセの状態。実際にどうなのかというと

SHUN
SHUN
縮毛矯正をかけることは
可能
になります

結構クセが強い場合は強めの薬を使用しないとクセが伸びないケースがあるので

痛みを心配

されるケースが多いはず。こちらは■後ほど 解説しますが

SHUN
SHUN
痛みが極力出ない様に
かけることが可能なので
ご安心下さい^ ^

【ケース④】うねりが強く痛みが侵攻している

そして最後に

★クセが強い状態
★痛みが侵攻している状態

このケースについて。縮毛矯正がかけられるかどうかというと

SHUN
SHUN
わかる人の方が多いはずですが
この状態であれば
縮毛矯正は不可能
になります

なぜかけられないのか?

これは先ほどの部分の

★クセがそこまで強くない状態
★痛みが侵攻している状態

と同じ理由になるのですがかけられない原因は

髪の痛み

です。

もしかけるとどうなる?

もしこの様な状態にかけてしまうとどうなってしまうかということ、これも先ほど説明した内容と同じで

ハイダメージ

さらに痛みが侵攻してしまう

断毛

根元から切れてしまう

この様な危険な事象が発生してしまいます。

うねりを改善する方法は?

クセが強く、痛みが結構侵攻している場合は

SHUN
SHUN
縮毛矯正ではなく
髪質改善ストレート
で改善可能です

実際に痛みが侵攻してしまっており、クセが気になる方を改善したケースがあるのですが

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

★クセがかなり強い
★ハイライトブリーチの経験があり
★痛みがかなり侵攻している

この状態から髪質改善ストレートでクセも痛みも両方改善しています^ ^

SHUN
SHUN
縮毛矯正ではできなくても
髪質改善ストレートという別の
方法で改善することが可能です

※髪質改善ストレートに関しては

↑こちらで詳細を見ることが可能です。

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい方は

↑こちらより閲覧可能です。


これらの内容が”ブリーチ1回で縮毛矯正がかけれるかどうか(SHUN施術バージョン)“の内容です^ ^

ブリーチ1回・他店施術の場合

施術前の状態

他店でブリーチをした際に縮毛矯正はその後にかけられるかどうかと言ったら

SHUN
SHUN
基本的には他店ブリーチの場合
縮毛矯正はかけられないケース
がほとんどになります

すなわち

SHUN
SHUN
他店でブリーチしている場合
縮毛矯正はかけられません

先ほどもご紹介していますが

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

↑この形の場合も他店でブリーチをし縮毛矯正をかけられずに

酸性ストレート

でクセ・うねりを改善しています。

他店のブリーチはなぜ縮毛矯正をかけることができないのか?

結構質問をもらうことがあるのですが

なんで他店でブリーチをすると
縮毛矯正がかけられないんですか?

と聞かれるのですが答えは簡単です。

★ブリーチの痛み予防の措置がされてるか不明確
★ブリーチでの処理が甘い
★見た感じでできないのが明白

という理由からです。

SHUN
SHUN
何も痛み予防をしてない
他にも
ただケアブリーチを使ってる
ただプレックス配合させてる

だけのブリーチの場合は基本的に
痛みが出ます

どんなに髪に優しいからと言ってもしっかり対処していなければケアブリーチもプレックスも宝の持ち腐れになります。

大抵の美容室ではこの2つを

ただ使っているだけ

のお店が多くお客様も

ケアブリーチで
やってもらいました

とは話しているのですが大抵の髪の状態が

ブリーチの断毛

↑この様な状態になってしまっている方が非常に多いです。

SHUN
SHUN
見た感じで痛みが
明らかにあるのが分かれば
ケアブリーチやプレックスを
使用していたとしても
意味がないです

全ては

髪の状態

で縮毛矯正がかけられるかどうかが決まってきます。

他店ブリーチでも縮毛矯正がかけられるケースとは?

そして実は他店でブリーチをしたとしても

縮毛矯正をかけられる
パターンが存在します

その状態とは

SHUN
SHUN
僕がやった様な措置を
他店でもしているケースの場合

です。言い換えると

SHUN
SHUN
そこまで痛みが
出ていない髪の状態であれば
縮毛矯正をすることが可能
です

どの様な状態でできるのかは■先ほど 解説していますのでそちらを参考にしてみて下さい^ ^

ブリーチ2回以上施術されている場合

ブリーチ4回目

では今度はブリーチを2回以上されている形の場合の解説をします。今回のケースは

★SHUN・他店でブリーチ2回共通
★フルブリーチをしている

これらの条件を当てはめて解説します。前提として

SHUN
SHUN
僕が2回担当していても
他店で2回担当していても
どちらでも同じことです

つまり

SHUN
SHUN
2回以上ブリーチしていれば
縮毛矯正はかけられません

【ケース①】クセが弱い場合

まずは

★うねりがそこまで強くない

場合。ブリーチ2回以上している髪に関しては見た目がどうであれ

痛みが侵攻している

ことになるので痛みがどのレベルかは区分しません。どの様な状態かというと

ブリーチ

↑この様に結構明るい感じでうねりが少しある程度の状態に対しては

SHUN
SHUN
酸性ストレート
で改善することが可能です

【ケース②】うねりが強くそこまで痛んでいない

そして今度は

★クセが強い場合

について。どの様な状態かというと

クセ

↑このように2回以上のブリーチをしてクセがある状態です。この場合は

SHUN
SHUN
髪質改善ストレート
で改善することが可能です

髪質改善ストレートと酸性ストレートの違いとは?

この様に酸性ストレートや髪質改善ストレートを提案すると

2つのストレートって
何か違いがあるんですか?

という質問を受けるので簡単に話すと

★対応するクセの強さが違う
★痛みに対応していかうねりに対応しているか
★トリートメントを埋め込むかどうか

などの違いがあり、クセの強さやかけた後にどうなりたいかなどで分けることが多いです^ ^詳しくは

↑こちらを読むとわかるはずです^ ^


これらが”ブリーチ2回以上の髪に縮毛矯正がかけられるか?“の内容になります^ ^

縮毛矯正をかけるためには最低でもブリーチは1回までなので2回以上となると無条件で

縮毛矯正は不可能

になるので要注意です。

ブリーチ2回以上でも縮毛矯正をかけられる条件とは?

ブリーチ

え?
ブリーチ2回以上していれば
縮毛矯正かけられないって
言ってなかったっけ?

と今までの部分をしっかりと読んでいればこのように思うはずです^^;

実はブリーチを2回以上やっていても

縮毛矯正をかけられる方は
実はいます

いるんですが基本はかけることができません。

???

不思議に思う方もいるとは思いますが事実なんです。

2回以上ブリーチしていても縮毛矯正をかけられる条件とは…

【条件①】髪が元々痛みづらい

施術前の情愛

まず1つ目の条件は

前提条件

になるのですが

何をやったとしても
ほとんど痛みが発症しない髪質

になります。どういうことかというと

★パーマを3回以上やってもかなり髪が綺麗
★カラーの繰り返しでパサつきが全くない
★何度縮毛矯正を繰り返しても痛まない

この条件をクリアできる髪質です。

え…無理じゃない?

と感じますよね?実はこの考えの方が正しいのですが中には上の条件をクリアして

全く痛みがない方も
います

この様な方であれば次の条件が出てきます。

【条件②】ブリーチ毛に縮毛矯正をかける条件をクリアしている

次に

ブリーチ毛に縮毛矯正を
かける条件をクリア

している方です。ここは先ほども話した通りなのでまた見て確認したい方は■こちら より確認可能です^ ^

【条件③】2回以上のブリーチで痛みがほぼ出ていない

ハンサムショートバレイヤージュ

そしてこれら2つの条件が合わさり最後に

ブリーチ2回以上しても
髪質が変わらず痛みが
全く見えない方

であればこのまま縮毛矯正をかけることが可能になります^ ^

私は髪が痛みにくいです!

と最初2つの条件をクリアしたとしても最後のブリーチ2回以上で痛みが発生していたとしてらもう縮毛矯正はかけることができません。他の

酸性ストレート
髪質改善ストレート

でしかクセを改善することができませんので要注意です。


これらが”ブリーチ2回以上でも縮毛矯正をかけられる条件“です^ ^

見てわかったかと思いますが

SHUN
SHUN
無理に等しい条件です。
何がなんでも縮毛矯正で
クセを伸ばそうとしなくても
酸性ストレート
髪質改善ストレート

で代用でクセを伸ばすことが可能
なので縮毛矯正に固執する必要は
ないですのでご確認ください
目次に戻る

【よくある質問①】ブリーチと縮毛矯正はどちらが先?

知っておいてほしい事

よく

ブリーチも縮毛矯正も
どっちもやりたいのですが
どちらが先がいいですか?

↑このような質問をされるのですが

SHUN
SHUN
断然最初は
縮毛矯正
からかけて下さい

理由としては今までの流れを見て頂ければわかると思いますが

SHUN
SHUN
ブリーチ後の縮毛矯正は
髪が傷んでしまう確率が
非常に高いから

です

詳しくは

↑こちらを参考にしていてみて下さい^ ^ただし…

縮毛矯正後のブリーチには問題点が出てきます

実は縮毛矯正をかけてからブリーチをすると

SHUN
SHUN
通常よりも
かなり明るさが出づらい
というデメリットが発生します

理由はこちら↓

を見るとわかると思いますが簡単に話すと

SHUN
SHUN
縮毛矯正をかける時
熱(タンパク)変性
を利用してかける美容室が
結構多いです

これでブリーチが本来よりも抜けづらい事象も出てくるので必ず縮毛矯正をかける際には

SHUN
SHUN
柔らかい仕上がりになる通称
やわらか縮毛矯正
をかけて下さい
目次に戻る

【よくある質問②】ブリーチしている髪に縮毛矯正をかけて痛まないの?

ブリーチの断毛

ブリーチをしている髪に対して縮毛矯正をかけると心配になるのが

痛み

について。

この髪に縮毛矯正をかけて
髪がさらに痛みませんか…?

と心配の言葉をよく頂きます。この答えに対して

SHUN
SHUN
普通にかけてしまうと
もちろん痛みが発生してしまいます

なので普通にはかけません。方法としては

★髪質改善プレックスを配合
★ダブル還元薬剤を使用
★中間特殊処理剤を使用
★特殊アイロン技法を使用
★アイロン前に更にプレックス剤を投入

などのちょっと難しい話になるので簡単に話すと

SHUN
SHUN
僕独自の方法
で髪の状態を良くしながら
縮毛矯正をかけます

要するに

SHUN
SHUN
髪の体力を上げながら
縮毛矯正をかけていきます

なのでかける前よりも後の方が髪質が良くなる様に縮毛矯正をかけるのでここはご安心下さい^ ^一番大事なのが

SHUN
SHUN
いかに縮毛矯正をかけて
痛まない様にするか?
の事前処理です

それが

髪質改善プレックス

になります^ ^

目次に戻る


いかがでしたでしょうか?

このブログではブリーチ後に縮毛矯正をかけられるかどうかの内容をしっかりと書いてみましたが答えは

ブリーチ後でも縮毛矯正は
かけることが可能

です。ですが先ほども話していますが

SHUN
SHUN
無理に縮毛矯正で
クセを改善しようと
しなくても大丈夫です
他の技法の
酸性ストレート
髪質改善ストレート

で確実に改善することができます

1つの方法にとらわれずに他にも方法がありますので今ブリーチをして

クセがあるから
どうにかしたい…

と悩んでいる方はぜひこのブログを参考にしてみて下さいね^ ^♪

目次に戻る