【美容室難民の"駆け込み寺"】ショート/ブリーチ/バレイヤージュ/ホワイトカラー/髪質改善

Q.クセ毛だと ショート カットで縮毛矯正が必要ですか?

*カットに関して* *よくある質問* *縮毛矯正に関して*

Q.クセ毛だと ショート カットで縮毛矯正が必要ですか?のサムネイル画像

ずっと長くしてたからショートにしたいな…でもクセ毛だから心配…縮毛矯正かけるべきかな…?

ずっとロングスタイル、長めにスタイルにしている人なら結構あると思いますが

スタイルの飽き

飽きてきた時にふと頭をよぎる

ショートスタイル

結構僕のお客様にはロングからバッサリとショートにカットする方は多いです^ ^

ロングからバッサリとショートにする際に結構気にしてしまうことといえば

似合うかどうか

これが一番かと思いますが他にも

クセ毛が心配

になる人は結構多いのではないでしょうか?


SHUN
SHUN

こんにちは。
午前中お疲れ様でした♪
お昼休みゆったりして下さいね♪
青森市フリーランス美容師
BLAZE hair(ブレーズヘア)所属
SHUN(しゅん)
です🐒

※SHUNの事を詳しく知りたい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

ロングからバッサリとショートにする場合によく相談される事なのですが

ショートにする時に
今あるクセって
大丈夫ですかね?

とこの様に

クセの心配

をする方が多いです。このクセを対処するために思いつくのが

縮毛矯正

縮毛矯正

かと思います。
ショートにする際に

縮毛矯正をかけるべきか?

この部分に関して今回は解説していきます^ ^

この様な質問が届きました

質問

先日僕の公式LINEにこの様な質問が届きました。

質問内容

SHUNさんこんにちは!
Instagramやホームページを見てぜひお願いしたいなと思いましてLINEをしました😊

現在私の髪はクセ毛で縮毛矯正をかけたくなくてずっとロングスタイルでいたのですが、SHUNさんの掲載しているスタイルが可愛いものばかりでショートに挑戦してもいいかも…なんてちょっと思ってきたのですが、私みたいにクセ毛だとショートにカットする場合は縮毛矯正をかけた方がいいでしょうか?
縮毛矯正で過去に失敗した事があるので結構不安なんですが…
実際にどうなのかが知りたいのと一緒に予約もお願いしたいです!

ご連絡お待ちしています😊

クセがありショートにする際にクセが今よりもひどくならないかどうかが心配という内容。

あなたももしクセ毛であればこの様な疑問を感じた事があるはずです。

実際にクセ毛の場合は

縮毛矯正をかけるべきか?
縮毛矯正をかけないべきか?

今回はこちらの質問に対して解説していきます^ ^

質問がある場合は
LINEアイコン
※画像クリックで友達追加
↑こちらLINEより受け付けていますので
いつでもメッセージ送って下さい🙈
SHUN
SHUN
目次に戻る

Instagramでも投稿しています

InstagramのDM画像

実は以前Instagramでもこの疑問に関して解説していますが

もしかするとネタバレになるかも…
SHUN
SHUN

と個人的には思っていますが、早く答えを知りたい場合はこちらの投稿を見るだけでも参考になると思いますのでこちらに掲載しておきます^ ^

目次に戻る

クセ毛でショートにする場合縮毛矯正は必要なのか?

縮毛矯正

では実際にクセ毛の場合ショートにする際には縮毛矯正をかけるべきなのかどうかを答えます^ ^

どうするのがいい方法かというと

SHUN
SHUN
基本的には
かけない事前提
でいた方が良いです

これが僕の答えになります^ ^
無闇に縮毛矯正をかけず逆に

クセを利用して
ショートにする

事が一番ショートとしては形が良くなります^ ^

実際にクセを活かしたショートの例

簡単にですがこちらでクセを活かしたショートスタイルをご紹介します^ ^

小顔ショート コンパクトショート ショート ハンサムショート

■後ほど 施術した例などのご紹介をしますがざっとこれらのスタイルが

クセを活かしたショート

になります^ ^

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

クセ毛に縮毛矯正は本当にいらないのか?

では実際にクセ毛は本当に縮毛矯正はいらないのかというと

SHUN
SHUN
完全にいらない
というわけではない

のが本当の答えになります

縮毛矯正が本当にいらないクセ毛の方もいれば

縮毛矯正が完全に
必要な方

そして

縮毛矯正が
部分的に
必要な方

それぞれいらっしゃいます。
これらの内容も後ほど(■完全に必要な方 ■部分的に必要な方 )ご紹介しますが

SHUN
SHUN
縮毛矯正ありきで
ショートを考えることは
僕がオススメしていません

この理由についてもご紹介していきます^ ^

ショートで縮毛矯正をオススメしない理由とは?

ショート

ではここからは実際に

ショートに縮毛矯正を
オススメしない理由

について解説してきます^ ^

【理由①】まとまらなくなる

まず1つ目の理由としては

SHUN
SHUN
ショートに縮毛矯正を
かけてしまうと
まとまりづらくなるから
という理由があるからです

と言っても

SHUN
SHUN
丸みがある様に
縮毛矯正をかけられるなら
話は別になります

実際に縮毛矯正をかけてしまうと

縮毛矯正失敗

↑この様に

真っ直ぐになりすぎる危険性

があります。

SHUN
SHUN
クセがなくなり
クセがある時よりなら
お手入れは楽になりますが
形自体がおかしくなりがちです

画像の状態を見ても…傘みたいな形になってしまっているのがわかるはずです。

SHUN
SHUN
変に真っ直ぐになってしまっては
お手入れがかなりしづらくなり
まとまりが全く出なくなる

ので無闇に縮毛矯正は
オススメできません

【理由②】ボリュームが出なくなる

これは縮毛矯正あるあるなんですが

SHUN
SHUN
しっかり縮毛矯正を
かけてしまう事で
ボリュームが出づらくなり
ぺたんこになりやすい
です

ボリュームが入らなくてぺったんこにしたいという方であれば問題ない状態かと思いますが

クセはいらないけど
ボリュームが欲しい

と感じている場合は縮毛矯正はオススメできません。

実際に縮毛矯正を自然にかけたとしても

マッシュショート

↑このスタイルはマッシュベースにしていますがやはりボリューム感を感じられませんよね。

実際に僕が担当すると

ショート ショート

↑この様な自然なボリュームが出る様に縮毛矯正をかける事ができるのですが全員が全員自然にかけられるわけではありません。

SHUN
SHUN
ボリューム感がなくなり
スタイルの形自体がおかしくなる
ので
無闇に縮毛矯正は
オススメできません

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【理由③】不自然な形になりやすい

そしてショートにする際に縮毛矯正をオススメしない理由として

SHUN
SHUN
形そのものが
おかしくなりやすい

のが現状です

他店での失敗例

実際に以前他店で縮毛矯正をかけて形がおかしくなってしまった方が修正依頼にきたのですがその時の状態がこちら。

ショート失敗

↑明らかに形がおかしくなってしまっていて、カットのショート希望だったのに変なボブスタイルになってしまったそう。

■後ほど 詳しくご紹介しますが今では縮毛矯正をかけなくても

ハンサムショート

↑この様に”乾かすだけ“でうねりなく、そして自然なボリュームが出る様に改善できています^ ^

SHUN
SHUN
縮毛矯正が邪魔をして
逆にやりづらさが出て
形自体も崩壊してしまう
ので
無闇に縮毛矯正は
かけない方が良いです


これらが”ショートに縮毛矯正をオススメしない理由“になります。

SHUN
SHUN
縮毛矯正自体が
逆にスタイル崩壊を招く要素
になるのでショートに対しては
縮毛矯正をかけない前提
で考えた方が良いです
目次に戻る

クセはある程度”カット”で抑える事が可能です

カット

クセ毛の場合ショートにする際には

縮毛矯正は
オススメしない

とお話ししてきましたがではどの様にクセを抑えるのかが気になると思います。普通に考えれば

アイロンを使って
伸ばせば良いの?

とか

何かクセを
抑えられるやり方があるの?

などと考えるかと思います。実際には

SHUN
SHUN
カットの施術方法
でクセを抑える方法があり
言い方を変えると
クセをうまく利用する方法
を活用します

クセはカット技術がうまくされていると逆に

スタイリングのしやすさ

につながります。
なので縮毛矯正をせずにクセを抑える方法は

★適正なベースカット
★適正な質感調整

これらだけ活用します^ ^
これらができるのは

★ショートカットに長けている美容師
★カットが得意な美容師

のみできるはずです^ ^

クセを抑える技術に関しては

↑これらの記事に詳しく書いていますのでぜひ参考にしてみてください^ ^

SHUN
SHUN
ショートにするかどうか
悩んでいる方はぜひご相談
いただければと思います
目次に戻る

クセ毛ショートの施術例をご紹介します

ハンサムショート

では実際にこちらでは

クセ毛ショートの施術例

について解説していきます^ ^

【ケース①】うねり・パサつきのある方の場合

まずは簡単な施術修正についてのご紹介。
元々の髪にうねりやパサつきがあり、うまくまとまりが出ない方の例なのですが施術前は

施術前の状態

↑この様な状態。
縮毛矯正をかけるまでもない状態でしっかりとカットを施術する事で

ショート

↑この様にまとまりが出て、自然なボリューム感が出る状態になります^ ^

このスタイルの仕上げ方なのですが

SHUN
SHUN
乾かしただけ
になります

乾かすだけで自然なボリュームが出る様になるので確実に

縮毛矯正がいらない

事がわかるはずです^ ^

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【ケース②】うねり・クセが強い場合

次に明らかに縮毛矯正が必要なうねり・クセが強い場合の方の状態。

施術前がどの様な状態かというと

カット前の状態

↑この様に相当うねりが強く、どうやってもまとまらない場合。この方の施術後の状態はこちら。

カット前の状態

↑しっかりとまとまってるのがわかるはずです^ ^

うねり・クセが強いが”例外“が存在します

ご紹介したスタイルは

かなりのうねり
かなりのクセ

があるのが見てもわかると思いますがこの方の場合は

クセの例外対象者

になります。
どんな例外対象者になるかというと

SHUN
SHUN
乾かすと
ある程度クセが伸びる

という髪質です

この場合であれば基本的に

適正なカットのみで
乾かすだけで
まとまるショート

にする事が可能です^ ^

SHUN
SHUN
乾かしても
濡れている時と同じ状態
であれば縮毛矯正が
必要なケースになります

これは■後ほど 紹介していきますが

SHUN
SHUN
濡れている時はクセが強く
乾くとクセが弱まる髪
に関しては
基本縮毛矯正は入りません
《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【ケース③】縮毛矯正をかけて形が変になった場合

そして縮毛矯正をすでにかけてしまったケース。
先ほどもご紹介しましたが

ショート失敗

↑この様に変な形になってしまってすでに縮毛矯正をかけてしまって

取り返しのつかなくなってしまった
ケース

について。
この状態でも

SHUN
SHUN
ある程度は
カットで修正可能
になります

施術後の状態はこちら。

ショートボブ ショートボブ

↑縮毛矯正をかけているので真っ直ぐになってしまっている部分は残っていますが施術前の状態よりも綺麗にまとまりがある状態になっているのがわかるはずです^ ^

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です

現在の状態はこちら

上記でご紹介したスタイルは約半年前の状態のものです。今の状態はというと…

ハンサムショート

↑この様にしっかり丸みが出ている状態になっています^ ^

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

↑縮毛矯正がかかっている部分が減ってきたので

★自然な丸み
★自然なボリューム感

が出てきて、元のボリュームがあるスタイルに戻ってきているからこその仕上がりになっています^ ^

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【よくある質問】縮毛矯正をかけた部分はどれくらいでなくなりますか?

縮毛矯正をなくしたいという方より質問を受ける事が多いのですが

縮毛矯正をかけた部分は
どれくらいでなくなりますか?

このような事を聞かれる事が多いのですが

SHUN
SHUN
長さによって
変わってきます

そして縮毛矯正がなくなるというよりも

スタイルが馴染んでくる期間

で考えた方が良いと思います。
実際にどれくらいで縮毛矯正がなくなるかという質問にそのまま答えるとしたら

SHUN
SHUN
縮毛矯正部分を
切り落とすまで
ずっと常駐します

縮毛矯正は一度かけるとかけた部分は

切り落とすまでずっと
髪に居続けます

なのであなたがかかっている部分を全部切らない限りなくなることはありません。

なのでなくなるというよりも

スタイルが馴染んでくる期間

で考えた方がいいです。
その馴染んでくる期間は

ショート
↪︎3ヶ月〜半年

ミディアム
↪︎1年〜3年

ロング
↪︎3年〜5年

はかかって来ます。

SHUN
SHUN
長さを毎回の様に
カットするショートなら
比較的短い期間で
馴染ませる事が可能になります

【参考】他店で失敗してしまった修正に関して

そして縮毛矯正に限らずに

他店で失敗してしまったケース

に関しても施術例があります。詳しくは

↑こちらを参考にして頂ければ理解できるはずです^ ^


これらの内容が”クセ毛ショートの施術例“になります^ ^

もし縮毛矯正かけるとしたら”部分的”がオススメ

前髪

もしショートにして縮毛矯正をかけるとしたら僕の場合なら

SHUN
SHUN
部分的に縮毛矯正
をかけることをオススメしています

部分的に縮毛矯正を勧める理由は?

部分的に縮毛矯正をかけることをオススメする理由としては

★クセは”部分的”に気にしてる人が多い
★自然な仕上がりの邪魔にならない
★スタイル崩壊を回避できる

からです。この中でも一番なので

部分的に気になっている方

この部分が実は”断然多い“のが理由になります。
例えば前髪のクセが気になっているので

ミルクティ

↑この様に顔まわり付近のみに縮毛矯正をかけ全体はクセを活かしてパーマ感を出す。

襟足付近の浮きグセが気になっているので

ショートウルフ

↑襟足だけに縮毛矯正をかけボリュームダウンをし、全体はクセを残してボリュームを出す。

この様に部分的に縮毛矯正をかけることで

★部分的デメリット部分の改善
★クセを活かす部分はそのまま残せる

と言った”デザイン的仕上がり“を作る事ができます^ ^

SHUN
SHUN
強いて言えばここが…
と思う部分のみ縮毛矯正を
かけることで逆に
クセがあることによるメリットを
潰さないで済みます

特にショートの場合はこの要素が強く出ます。

SHUN
SHUN
部分的な欠点を消すことで
もっとスタイルを綺麗な形に
できる様になるのでかけたい際には
部分的な縮毛矯正
をオススメしています

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

目次に戻る

縮毛矯正をかけた方がいいケース

縮毛矯正必須

今までは縮毛矯正が必要ないことを提唱していきましたがどうしても

縮毛矯正が必須な髪質

がいます。
この髪質に該当する方は基本的に

そのままの形では
ショートが難しい方

になります。

SHUN
SHUN
今あるクセ毛をそのままでも
楽しみたいという方であれば
部分的縮毛矯正でも
改善可能

なのですが綺麗なショートにしたい場合
全体的に縮毛矯正を
かける必要性があります

【ケース①】縮毛

まずこれは見てもわかると思いますが

縮毛

縮毛

の場合です。

SHUN
SHUN
どの様に乾かしても
この状態になってしまうので
縮毛矯正が強制で必須
となる髪質です

むしろ縮毛矯正をかけなければお手入れがかなりしづらいので必ずショートにする場合であれば縮毛矯正をかける必要性があります。

【ケース②】パーマっぽくなる髪質

次に全体的に縮毛矯正をかけた方がいい髪は

クセ毛

↑この様に地毛がパーマっぽくなってしまう方です。

SHUN
SHUN
短くしてもそのまま
パーマ状になるので
収まりのいいショートにしたい場合
縮毛矯正が必須
になります

先ほども紹介しましたがもし地毛のパーマを活かしたい場合は

部分的に縮毛矯正をかけて
部分的欠点をなくす

様にしてあげることで地毛パーマを生かす事も可能です。

SHUN
SHUN
どの様な仕上がりにしたいかで
このパーマっぽい髪質の方は
全体か部分的かを選んでいただきます

【ケース③】ウェーブの様なうねる髪質

そして最後に

波を打っている様なクセ

↑この様に地毛から波を打ってる様なウェーブ上のクセ毛の方。

SHUN
SHUN
短くすると
更に悪化
するのでショートにする際には
必ず縮毛矯正が必要になります

3つのスタイルに共通すること

ご紹介した3つのスタイルに共通することは

SHUN
SHUN
乾いても濡れても
どちらでも状態が
変わらない
髪質になります

乾いてクセ自体が伸びて

ハンサムショート

↑このように綺麗なショートの状態になるのであれば問題はないのですが対策をとってもクセが強く出てしまうと

SHUN
SHUN
ショートにカットすると
後悔が強く残るはずです

きっと

切らなきゃよかった…

と確実に思うはずです。
これらに該当する方は必ず

SHUN
SHUN
縮毛矯正をかけた上
でショートにして下さい
目次に戻る


いかがでしたでしょうか?
基本的にショートにする際には

縮毛矯正をかけない程で
ショートにすること

をまず前提に考えて下さい。
その後は

美容師さんのカット技術

でしっかり抑えられるかどうかが決まって来ます。

SHUN
SHUN

★自然な仕上がりになりたい
★ボリュームは残したい
★むしろクセを活かしたい

と思っている方は
カットのみでの施術
をお願いしてみて下さい

縮毛矯正をかけることでショートの形がおかしくなることはブログを見てわかったはずです。

あなたのショートが理想になる様、ぜひ参考にしてみて下さい^ ^♪

目次に戻る