【美容室難民の"駆け込み寺"】ショート/ブリーチ/バレイヤージュ/ホワイトカラー/髪質改善

【ショート× ハイライト 】鏡見て見惚れてしまいます☆

*お客様の声* *カット* *カラー*

SHUN
SHUN

こんにちは。
午前中お仕事ガンバっ^ ^
青森市フリーランス美容師
BLAZE hair(ブレーズヘア)所属
SHUN(しゅん)
です🐒

※SHUNの事を詳しく知りたい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

こちらのブログでは実際に担当したお客様より頂いた口コミをもとに仕上がりのスタイルなど紹介していきます。

今回のお客様は

ショート×ハイライト

です^ ^

★どんな感じで仕上がったのか?
★どんな口コミを頂いたのか?

これらの内容を解説していきます^ ^

仕上がりのスタイルはこちら

スタイルを仕上げている様子

まずは肝心な仕上がりのスタイルについてご紹介をしていきます。
仕上がりのスタイルはこちら。

ハイライト

元々がショートでしたのでカットに関しては調節を。カラーはハイライトの上から再度ブリーチし、ホワイト系シルバーをオンカラーしています^ ^

ヘアスタイルにも紹介していますのでリンクをこちらに貼っておきます。

目次に戻る

ビフォーアフターを紹介します

ビフォーアフタータイトル

今回はビフォーアフターと言いますか施術途中で撮影をしていますのでこちらをご紹介します^ ^

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

↑何もしてない状態がビフォー、その後に”もう一度”ハイライトブリーチをしてからのホワイトシルバーをオンカラーしています^ ^

カウンセリング時での相談内容

事前カウンセリング

今回カウンセリングの際に伺った相談内容についてこちらではご紹介していきます^ ^

カットのカウンセリング内容

まずはカットについてのカウンセリング。

結構不器用なので
乾かすだけで簡単に形になる
カットをしてほしい

ということでした。
こちらの美容師側がしっかりお手入れ方法を細かく説明したとしても

…難しそう…

とこの様に感じている方は多いです。
なのでなるべく簡単に、かつ時間がかからない様に形を作る必要があります。

カラーのカウンセリング内容

カラーのカウンセリング内容について。

元々ハイライトが入ってるんですが
やりたい明るさではなく
希望よりも暗い印象なので
もっと明るいハイライトがやりたい

ということをお話されていました。
前回ハイライトを入れる際にブリーチをしたのは1回。

なので希望の明るさにはまだ遠い印象。

今入っているはハイライトの上から
もう一度ブリーチって出来ますか?

という依頼も受けました。


これらがカウンセリングの際に相談された内容です^ ^

今回の担当したメニュー

カウンセリングで要望を伺い、今回はこの様なメニューを担当しました。

■担当したメニュー■

カット・ハイライトオンカラー

目次に戻る

施術・スタイルのポイント

カット

カウンセリングで相談された通りに今あるハイライトの上からもう一度ハイライトを入れてもう1段明るいハイライトにする事にしました^ ^

カットに関して

まずカットに関しては施術前の状態は

ハイライトが暗いショート

↑画像を見て頂ければわかると思いますが

SHUN
SHUN
後頭部が潰れやすく
毛流れも前方に向かっている
のが
わかると思います

この状態なのでまずカットで必要になるのが

毛流れ補正

です。毛流れ補正のカットをする事で

SHUN
SHUN
後頭部に髪が集まる様に
することができます

無理やり後頭部に集めてスタイリングをしたとしても時間が経ってくるとすぐに髪が前方に流れ始めてしまいます。

SHUN
SHUN
原因は後頭部の

★長さが長いから
★ベースカットが不十分

この修正が必要です

実際に髪の毛流れに関してですが

髪は短い方から長い方へ
流れる習性がある

このような理論があります。
簡単にお話しすると前髪で例えるとわかりやすいのですが

前髪

前髪をうまく流すには

分け始めは
短くカット

徐々に
長めにカット

というカットをする必要があります。

その原理だと
後頭部をもし短くすると
また毛流れが前に来ちゃうんじゃない?

と感じる方は勘がいいです。

ポイントは”毛が流れる位置

確かに理論上ではその原理になるのですがスタイルに注目してみて下さい。

スタイル解説

↑注目するポイントは

襟足付近

です。

SHUN
SHUN
後頭部が短いおかげで
前方の髪が流れる際に
ぶつかり合う髪がなく
後ろにしっかり流れやすくなります

実はこのカット方法は

逆をついた発想

になります。
僕が担当するショートの方はこのカット技法を使用することが多いです^ ^

ショート

↑このカットも同じですね^ ^

SHUN
SHUN
だからこそ
乾かすだけで
簡単に形になるショート

にすることが可能なんです

簡単にスタイリングできる秘訣は

カット技法にアリ

です^ ^

カラーに関して

カラーに関してはそのままオンカラーでも色は入れることが可能ですがビフォーの状態を見てわかる様に

ハイライトが暗いショート
SHUN
SHUN
ハイライト自体の抜けが甘く
オレンジ
になってしまっています

この状態では希望がもし

ハイトーンカラー

↑これらの様なホワイトカラーが希望であれば全く同じ様に染めることができません。

今回のオーダーも

できる限り明るめの
ホワイトに近いハイライト
にしてほしい

というオーダーなので明るさが完全に不十分です。ハイライトの明るさが最低でも

ホワイトブリーチ

↑この位の明るさがないとホワイトにはなりません。

なのでもう一度ハイライトブリーチを施術しました^ ^
ですが…

一度ハイライトが入っている部分にもう一度ブリーチは”かなりの難技術“です

実はハイライトをもう一度するとなっても

SHUN
SHUN
ハイライト自体を
救ってもう一度ハイライトをするのは
かなりの難しい技術
なんです

その場でもう一度ブリーチをするなら

追いブリーチ

という技法で簡単に入れることができるのですが、一度入れてからまた次にハイライトを入れるとなるとそうも簡単にはいきません。

以前他店でのハイライトを失敗されたお客様がいらっしゃったのですがその状態が

ハイライトの失敗

↑画像を見てわかるでしょうか?
ハイライトがしっかりとすくえてなく

根元が合体してしまっている

のがわかると思います。

SHUN
SHUN
綺麗にチップを取れなくて
ハイライトのリタッチすら
失敗されることが多いです

それくらいハイライトを

★もう一度明るくする
★リタッチをする

この2つの技術は難しいです。
慣れていなければ尚更失敗されることが多いです。

なので今回ハイライト部分にもう一度ハイライトを入れるのには

SHUN
SHUN
かなり細かい技術になり
時間も結構かかります

どれくらい時間がかかるのか?

一度入っているハイライトにもう一度ブリーチをするのに時間は

SHUN
SHUN
3〜4時間
必要となります

ブリーチを塗ること自体は簡単なのですが

ハイライト部分を
正確にすくう事

この部分に時間がかかります。

もっと早くできないの?

と感じるかもしれませんが

SHUN
SHUN
ハイライトの本数
によって変わってきます


これらが今回の施術の詳しい解説になります^ ^

今回頂いたLINEからの口コミはこちら

LINEメッセージの画像

今回担当し、その後LINEより口コミを頂いたのでそちらもご紹介します^ ^
その口コミがこちら。

口コミ

SHUNさん先日はありがとうございました😃バタバタしてしまってご返信が遅れてしまってすいませんでした🙇

前々回に初めてショートにして今回は他のお店で入れたハイライトの修正をしていただいて本当にありがとうございました🥺✨
やりたかった明るさにできるか一か八かの注文でしたがしっかり話を聞いてくれた上で入れ直してくれたので安心できました✨
鏡で自分で見るたびにかなり綺麗…なんて見惚れてしまいます笑
SHUNさんから教えて頂いたやり方でしっかり色を維持していこうかなと思います😊というかもう買いました🤣

いつも思うのですが今までこんなに親身にしてくださる美容師さんとはお会いしたことがなくて本当に感激してます🥺

また髪が気になった際にはぜひぜひよろしくお願いします😭
またご連絡しますね✨

喜んでいただけて嬉しいです^ ^

しっかりカウンセリングをした上での施術は

僕自身のこだわり

でもあります。簡単に話すと

SHUN
SHUN
しっかりと聞かないと

★どの様にしたいのか?
★気になる部分がどこなのか?
★今の悩みは何か?

というのがわからない

だからこそしっかり聞く様にしております^ ^
あなたが目指すスタイルにするためには

SHUN
SHUN
あなたの情報を
的確に聞いて知る事

これが一番大事だと思っています^ ^

今回のスタイルの関連記事一覧

事前に確認

今回のスタイルに関しての関連記事をこちらに貼っておきます^ ^

目次に戻る


★希望のショートの形にならない
★お手入れが楽になりたい
★ハイライトをもっと綺麗な色にしたい

などお困りごとがありましたらぜひいつでもご相談下さい^ ^♪

LINEアイコン
※画像クリックで友達追加
↑こちらLINEより受け付けていますので
いつでもメッセージ送って下さい🙈
SHUN
SHUN
目次に戻る