【美容室難民の"駆け込み寺"】ショート/ブリーチ/バレイヤージュ/ホワイトカラー/髪質改善

縮毛矯正後の ショート は失敗の原因!理由と対策方法を解説

*カット* *縮毛矯正* *美容マメ知識* *髪質改善*

縮毛矯正後の ショート は失敗の原因!理由と対策方法を解説のサムネイル画像

ショートにしたいな…でもクセ毛だから髪が暴れちゃいそう…縮毛矯正も一緒にかけた方がいいかな?毎日アイロンしてお手入れするのも正直面倒だし…

今やショートにしたいという方はかなり多く、オーダーも毎日の様にあります。

中でもバッサリロングからのショートにする方も僕のお客様には多く存在しています^ ^

ショートボブビフォーアフター

この時にもしあなたの髪質が

クセ毛

なら確実に

縮毛矯正を一緒にやろう

この様に思うはず。ですが…


SHUN
SHUN

こんばんは。
休日の夜も楽しんでくださいね^ ^
青森市フリーランス美容師
BLAZE hair(ブレーズヘア)所属
SHUN(しゅん)
です🐒

※SHUNの事を詳しく知りたい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

最初に断言しておきます。

SHUN
SHUN
縮毛矯正をかけた後に
ショートにすると
失敗します

これだけは話しておきます。
縮毛矯正をかけている方でショートにして

後悔した…

という方はかなり多いです。

縮毛矯正をした後に

です。ということは…


と謎の伏線を貼りましたが、このブログを全部読むと理解できるはずです^ ^

クセ毛の方でこれからショートにしてみようと思っている方には必見の内容になります・

  • ★なぜ縮毛矯正後のショートは失敗するのか?
  • ★対策方法は何か?
  • ★全体にもし縮毛矯正をかけるなら…?

これらの内容を理解できるはず。
では早速見ていきましょう^ ^

この記事の目次

ショートで縮毛矯正をかけることはオススメしていません

縮毛矯正

まず大前提の話になるのですが僕自身はお客様に

SHUN
SHUN
ショートにする場合なら
縮毛矯正は
あまりオススメしません

この様に話しています。
理由は冒頭でも書いた様に

縮毛矯正をした後のショートは
失敗を招く原因になるから

です。詳しくは■後ほど 解説していきます。

むしろクセがある状態なら僕の場合

SHUN
SHUN
このクセを活かして
ショートにしましょう!

という提案をしています^ ^こちらに関しても■後ほど で解説していきます^ ^

なぜショートで縮毛矯正を勧めていないかというと

SHUN
SHUN
ショートにクセ毛は
相性がいいからです

結構不思議かもしれませんが本当の事です。
むしろクセがあった方がショートスタイルがうまく行くことがあります。

安易に縮毛矯正をかけてしまうとショートにした場合は

後悔

この気持ちが強く出ます。
なぜなのかこれから説明していきます^ ^

縮毛矯正後のショートが失敗しやすい原因とは?

縮毛矯正

ショートにしたい方にとっては

なんでクセが気になってるのに
縮毛矯正がおすすめできないんだろう?

と不思議に思っている人が多いはず。そして

かけた方が
ショートにしたら楽になりそう…

とも思っているはずです。

ではなぜ縮毛矯正後にショートにすることで
失敗するのか?

この理由は以下の理由があります。

■縮毛矯正後のショートが失敗する理由■
  1. 真っ直ぐすぎる
  2. 丸みが出ない
  3. まとまりがない
  4. 頭の形そのまま出てくる
  5. 質感調整・毛流れ補正効果が効きにくい
  6. 縮毛矯正主体のショートになっているため

それぞれ解説していきます^ ^

【原因①】真っ直ぐすぎる

髪質改善前の状態

まず1つ目の理由として

SHUN
SHUN
縮毛矯正をかけると基本髪は
真っ直ぐ
になります

縮毛矯正をかけるから当たり前って思うかもしれません。ですがここで質問があります。

あなたがショートにする場合に求めてるものはこれじゃないですか?

あなたがショートにする場合になのですが

SHUN
SHUN
ショートに求めてるもの
ってなんですか?

これを考える必要があるはずです。結構大々的にあるのが

  • ★イメージチェンジをするため
  • ★お手入れを楽にするため
  • ★流行りに乗っかりたいため

などがあると思います。ですが、それがショートに求めていることの本質ではないはずです。

あなたがショートに求めているものって…

【原因②】丸みが出ない

ハンサムショート

↑ショートに求めているものってこの丸みではないでしょうか?

ショートにしたい方の理由で多いのが

丸い感じで可愛いショートにしたい
後頭部にしっかりボリュームがある
丸みのあるショートにしたい
ひし形で小顔効果がある
ショートにしたい!

この様な注文が断然多いです。要するに

丸みのあるショートにしたい

この願望を持っている方が多いです。ですが

SHUN
SHUN
縮毛矯正をかけることで
この丸みが半分以下になります
ショートボブ

↑以前担当した縮毛矯正をかけたことで丸みがなく縦長になってしまった方のスタイル。

このスタイルになりたいと思いますか?

なりたくない!

という方が多いはずです。残念ながら縮毛矯正後にショートにするとこの様に縦長のスタイルになりやすいです。

この原因は

SHUN
SHUN
縮毛矯正自体が
真っ直ぐにする技術
だからです

丸みを出そうにもうまく出なくなるのが縮毛矯正をかけている髪です。

実際に縦長になってしまった方がその後どうなったかは■後ほど ご紹介します^ ^

縮毛矯正をかけることで丸みが半分以下になるので注意が必要です。

【原因③】まとまりがない

縮毛矯正の失敗

縮毛矯正をかけることで実は

まとまり感がなくなります

縮毛矯正をかけることで
まとまるんじゃないの?

この様に思う方も多くいると思いますがそれは

SHUN
SHUN
ショートスタイル以外の場合
に限ります

確かにクセで暴れてしまっている場合は基本的に縮毛矯正をかけることで収まります。この収まりは

まとまりとは違います

一見縮毛矯正をかけることでまとまっているかの様に見えますが…

これ、まとまってると言えますか?

縮毛矯正失敗

↑このスタイル、まとまってる様に見えますか?ただ単に

クセを修正しただけ

にしか見えないはずです。縮毛矯正をかけてからショートにする場合この様になりやすいです。

SHUN
SHUN
毛先が真っ直ぐすぎて
まとまっているというより
ただまっすぐになっているだけ
にしか見えないはずです

これ…まとまってるとは言いませんよね?
まさにこれが

縮毛矯正をかけた事による
事故スタイル

と言っても過言ではありません。


縮毛矯正をかける事でクセをなくして落ち着かせることはできますが基本的に

まとまりづらくなる

ことの方が多いので注意が必要です。

【原因④】頭の形そのまま出てくる

施術前の状態

縮毛矯正後にショートにすると先ほど見せた見出しした画像の様に

頭の形そのまま出てくる

事が結構な致命的だと思います。
あなたが理想としているショートって

後頭部のボリュームショート

↑この様にふんわりしていてボリュームがあり

丸み

が必ずある状態だと思います。
ですが縮毛矯正をかけると当然ですが

  • ★ボリュームを失う
  • ★曲線を描きにくくなる
  • ★元の髪質とは明らかに変わる

などの髪自体の変化が起きてしまってかなり強めに縮毛矯正をかけてしまうと

髪質改善前の状態

↑この様に頭の形がそのまま出てきてしまいます。ゼッペキの方であれば

致命的な事実

だと思います。

SHUN
SHUN
特に
頭の形があまり良くない人
は縮毛矯正をかける際には
本当に注意が必要になります

【原因⑤】質感調整・毛流れ補正効果が効きにくい

髪質改善後の状態

縮毛矯正をかけた髪に対しては基本的に

質感調整カット技法
毛流れ補正カット技法
どちらもほぼ無効

になります。
一体どういう事なのかを説明するためには

縮毛矯正をかけずに
カットのみで形を変化した方

と比べる必要があるのでこちらで解説していきます^ ^

縮毛矯正なしのカット

まずは縮毛矯正をせずにクセがある状態でショートにした場合のご紹介。どの様な状態になるかというと…

小顔ショート

↑質感調整・毛流れ補正をして綺麗な状態にすることができているのがわかるはずです^ ^

実際にどの様なクセがあるのかもご紹介します。カット前の状態はというと…

カット前の状態

↑びっくりしますよね(汗)
かなり綺麗にまとまっている様で実はかなりクセが強い方なんです。

ビフォーアフターで比べてみても

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

↑この通り全然違うのが見てもわかるはずです。
では縮毛矯正をかけている方をショートにすると…

縮毛矯正ありのカット

次に縮毛矯正ありの方。

施術前の状態

↑先ほどもお見せしましたがこの方をカットのみで修正すると…

ショートボブ

↑一応丸みが出る様に少しは改善できていますがやはりまだ縦長感、そして頭の形がそのまま出てきてしまっています。

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

縮毛矯正の影響で基本真っ直ぐになりすぎてしまいます。その影響で

質感調整・毛流れ補正
どちらも無効化

になってしまってそのままの形が出やすくなります。

このかたの場合、このスタイルは1年前のものになります。今どのように変化したのかは■後ほど ご紹介します^ ^


縮毛矯正をしっかりかけてしまうとどんなにハイレベルなカット技術をしたとしても

無効化

することの方が多いので気をつけて下さい。

【原因⑥】縮毛矯正主体のショートになっているため

縮毛矯正

もうこれが1番の原因になるのですが

SHUN
SHUN
縮毛矯正が主体となっているため
ショートが事故スタイルになっています

…そう、これが1番の原因になります。そして■後ほど 詳しく解説していくのですが

SHUN
SHUN
ショートにカットしてから
縮毛矯正をかけるのであれば
ショート主体での縮毛矯正
をかけることができて今まで紹介した
事故を未然に防ぐことが可能になります

【よくある質問】縮毛矯正主体ってどういうこと?

同じ様な事を直接お客様に話することが多いのですがよく

縮毛矯正主体って
どういうことですか?

と質問をされるのでこちらで解説すると

SHUN
SHUN
縮毛矯正主体とは
いかにクセを改善するか?
という概念の元かけるということで
その他のことは全く考えない
縮毛矯正
を意味します

要するに伸ばすだけ伸ばして

ただ乾かしたすだけだと
単なる真っ直ぐになる

この原因を引き起こしてしまうという事です。これが起きやすいのは

ショートにする前のスタイル

に起きやすいです。
その後の事を考えずにハリガネの様になってしまい

縮毛矯正失敗

↑この様に真っ直ぐすぎるスタイルになってしまいます。

なので先ほども話しましたが

ショートにしてから縮毛矯正する方が
ショート主体となっての縮毛矯正になりやすく
事故を未然に防ぐことができる

この事につながります。

SHUN
SHUN
ショートにする前に
縮毛矯正は
絶対にしないで下さい


これらの内容が”縮毛矯正後にショートは失敗する原因“になります。

実際に縮毛矯正後にショートにした方の例

失敗スタイル分析

ではここからは実際に縮毛矯正をかけた後にショートにした失敗例のスタイルのご紹介をしていきます^ ^

【失敗例①】強制的に縮毛矯正をかけられてしまった

施術前の状態

この失敗例は先ほどからご紹介しているスタイルになります。

ショートにしたいと話したら
縮毛矯正をかけないとまとまらなくなる
と他店で言われ言われた通りかけたら
この有様です…

美容師さん自ら縮毛矯正を勧め、そしてかけた結果が見出ししたの画像の通り。そしてカットのみで改善できないかというオーダーを受けました。

カット後の状態が先ほどもお見せしましたがこちら。

ショートボブ

↑ましにはなっているもののやはりまだ真っ直ぐ感が残っており、そして頭の形がそのまま出てきてしまっているので骨格補正も未完成のままです。


縮毛矯正をかけるとこの様にただカットをするだけでは改善が難しいです。

このスタイルは約1年前の状態。
では今どの様な状態になっているかをお見せします^ ^

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

1年経った現在の状態

1年が経過して現在の状態をお見せします。

ハンサムショート ハンサムショート ハンサムショート

↑これが現在の状態になります^ ^
施術前の状態でも

施術前の状態

↑この通りで丸みがしっかりと戻っているのがわかるはずです^ ^

約1年がかりでの修正になりますが基本的に丸みが復活し、全体的に元の髪質のものが戻ってきており自然なボリューム感が出てきているのがわかるはずです^ ^

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

↑ちなみにですがアイロン・ブラシを使わずただ”乾かしただけ“の状態になります^ ^

  • ★ベースカットの調整
  • ★骨格補正カット技術
  • ★毛流れ補正カット技術

を駆使しての仕上がりになっています^ ^

【失敗例②】ハリガネ縮毛矯正をずっとかけられていた

髪質改善前の状態

こちらのスタイルも先ほどお店いた通りですがずっと他店舗でハリガネ縮毛矯正をかけられていた方。

自然な状態に戻してほしいと
話したのですが戻すことは
カットで切り落とすしか方法ない
と言われて…

昔ながらの縮毛矯正をかけているお店でよく言われることでもあります。実際にこの状態でなんとかしてほしいという要望を頂いたので今回はハリガネ改善の施術

髪質改善

を施術し

髪質改善後の状態

↑応急処置になりますが自然な丸みが出る様に作り直しました^ ^

応急処置技術"髪型改善ストレート"について詳しく知りたい方は

↑こちらをご参照下さい。

このかたの場合ですが

SHUN
SHUN
ショートにするとさらに
真っ直ぐ感が出て変なスタイルに
なりやすいのである程度伸ばして
僕が縮毛矯正を掛け直して丸みが
出る様にするのでそこから
ショートにしましょう!

というアドバイスに承諾を得たので
すぐにショートにすることは
ありませんでした

※髪質改善に関しては

↑こちらに詳しく記載しています。

1年後の状態

カットして伸びたら特殊な縮毛矯正を繰り返して1年がかりでしたが今ではショート、そしてボブスタイルを楽しめる様になっています^ ^

そのスタイルをお見せします。

ショート ナチュラル縮毛矯正

↑1枚目の画像は完全ショート、そして2枚目の画像はショートを達成したのでまたボブにしたいということで伸ばしていく中でのスタイルになります^ ^

どちらのスタイルも当然ですが

乾かしただけの仕上がり

になります^ ^

SHUN
SHUN
以前の縮毛矯正部分がなくなり
そして僕自身が掛け直したからこそ
丸みが復活してショートもボブも
楽しめる様になりました

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。


これらの内容が”縮毛矯正をかけての実際の失敗例“になります。

同時に改善した流れもご紹介しましたが基本的には

SHUN
SHUN
ショートにする前に
縮毛矯正はかけない方がいいです

大抵の失敗は先に縮毛矯正をかけることが引き金になっています。

なので■後に話します が順序を守って縮毛矯正をかける方が理想のショートにはなりやすいです^ ^

縮毛矯正をかける場合のオススメ方法とは?

縮毛矯正

全体が強いクセでうねりがあって収集がつかない場合は全体に縮毛矯正をかけて修正しない限りクセが治らないことが多いです。

ですが

部分的に
うねりが気になる…
広がりやすいのが
一部分でなんとか
この部分改善したい…
変に広がってしまうから
なんとか抑えたいな…

などそこまでクセが強くなかったり、部分的に気になっている場合は僕の場合なのですが

SHUN
SHUN
全体に縮毛矯正を
かけることは
オススメしておりません

この場合僕が一番オススメしている方法になるのですが

SHUN
SHUN
もし縮毛矯正をかけたいなら
この方法が一番扱いやすくなります

と紹介している方法があります。その方法とは…

■縮毛矯正のおすすめなかけ方■
  1. ハネやすい部分のみかける
  2. 前髪のみかける
  3. 膨らみやすい部分のみにかける

↑これで大抵は解決可能です^ ^

順を追って解説していきます。

【オススメ方法①】ハネやすい部分のみかける

まず1つ目の方法としては

SHUN
SHUN
まとまりづらく
ハネてしまう部分のみ

にかける方法です

縮毛矯正は何かと全体的にかける方が多いのですが、実際によく言われることが

右側だけ跳ねるので
縮毛で改善できますか?
襟足が跳ねやすいので
縮毛矯正かけたいです

と部分的依頼を受けることが多いんです。
その他の部分が気になるか?という質問に対しては

右側だけですね
襟足だけで
他は特に…

と他の部分を気にしていない方が多いのが大体の特徴にもなります。
なので

SHUN
SHUN
ハネやすかったり
まとまりづらい部分だけ
この部分を縮毛矯正を
かけることで改善できるので
他の大丈夫な部分はかける必要はないです

全部をかけてしまうことで逆にやりづらくなってしまう要素が増えてしまうのでハネる・うねるなど気になっている部分のみかけることがやりづらさを減らせる方法になり、オススメです^ ^

【オススメ方法②】前髪のみにかける

そして結構気にしている部分で多いのが

前髪パーマ

前髪

だと思います。
全体は自然に丸いスタイルになるのに前髪だけがクセ…という方は多いです。

SHUN
SHUN
これはすでにされている方は多いですが
もし前髪のみのクセが気になるのであれば
前髪ストレートのみ
をかけることで改善可能になります

当然ですが

他にかける必要は
全くありません

部分的に改善をしてしまえば他にかける必要がなく、やりやすさはそのままになってくれるはずです^ ^

【オススメ方法③】膨らみやすい部分のみにかける

広がりやすい部分があり、収まりが悪いのであれば

SHUN
SHUN
気になる
広がりやすい部分にだけ
縮毛矯正をかける

これだけで改善できるはずです

例を挙げてみます。

施術する前の状態

↑施術前の状態ですが、襟足が少し浮いているのがわかるはずです。

この状態に襟足のみに縮毛矯正をかけると…

ショートウルフ

↑この様に改善できているのがわかるはずです^ ^

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

↑比べてみても全然違うのがわかるはずです^ ^

SHUN
SHUN
広がりの場合も
その部分だけに縮毛矯正
をかけるだけで簡単に改善可能
です

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【結論】気になっている部分のみにかけることが最善の方法

何が言いたいかというと

SHUN
SHUN
気になる部分がある場合は
部分的に縮毛矯正をかける
これだけで他にかける必要がありません

もはやこれに尽きます。

  • ★ハネが気になるならハネている部分だけ
  • ★前髪が気になるなら前髪だけ
  • ★膨らみが気になるなら膨らんでるところだけ

ここを縮毛矯正をかけることで改善することが可能になります。

SHUN
SHUN
無理に全てかけてしまうと
基本的にやりづらくなるだけ
なので部分的に改善することが
やりやすさを残した対策方法になります

僕がショートに対してオススメしているのは

部分縮毛矯正

これだけであなたの普段気になるところを改善することができます。

SHUN
SHUN
全部を真っ直ぐにするのではなく
特に気になるところを改善する
その他はお手入れが楽になる様に
こちらでカット技法を使用して
作り上げるので心配は入りません


これらが”オススメの縮毛矯正のかけ方“になります。

無理に全てを真っ直ぐにするとやりづらさが出てしまいますが

気になっている部分のみを縮毛矯正

これだけでやりやすさがグンっと上がります^ ^

どうしても全体縮毛矯正したいなら”順序”があります

縮毛矯正

ここまで縮毛矯正はショートに必要がないとお話ししてきました。

↑こちらの記事でもしっかりと解説しています^ ^ですが…

どうしてもクセが気になるので
全体的に縮毛矯正かけたいんですが
難しいですか…?

と縮毛矯正をどうしてもかけたい方もいると思います。

なのでここからは

クセ毛さんがショートにしたい場合の
縮毛矯正をかける順序

についてお話ししていきます^ ^
どうしてもかけたい方には必見の内容、むしろ

最重要項目

になります。どのような順序かというと…

■正しい縮毛矯正をかける順序■
  1. クセの状態でショートにカットする
  2. ショートカット後に縮毛矯正をかける

↑これが正しい順序になります^ ^

大抵の美容師さんの場合は

縮毛矯正をかけてから
ショートにする

という方が多いはずです。

長さがあり縮毛矯正が
かけやすいから

という理由が断然に多いのですが

SHUN
SHUN
かけやすいからと言って
カット前に縮毛矯正をかけると
完全に事故ります

カットする前に先に縮毛矯正をかけてしまうということが■先ほど の原因を真似ていると言っても過言ではありません。

【順序①】クセの状態でショートにカットする

バッサリカット

正しい順序はまず

SHUN
SHUN
クセの状態で
ショートにしてしまうこと

が大事になります

よく縮毛矯正をかけてからカットする美容師さんが多いのですがこの方法だと先ほどからも話している様に

SHUN
SHUN
  • ★まとまりづらい
  • ★丸くなりづらい
  • ★変な形になりやすい
これらの原因を生んでしまいます

なので必ずクセ毛のままカットを先にしてもらうことが大事です。

【よくある質問】縮毛矯正から先にかけるって言われたら?

よくこんな質問をされる事があります。

いつもカットと縮毛矯正を
オーダーすると必ず
縮毛矯正を先
にやられるんですがその場合は…

もし美容師さんにショートにする際に縮毛矯正をオーダーし

先に縮毛矯正から
かけていきますね!

と言われたら

すいません…
先にカットからお願いできますか?

とこちらの方から注文することが大事になります。

SHUN
SHUN
ハリガネっぽい仕上がりや
扱いづらい仕上がりにならない様に
自分自身でも防衛する事が大事です

【順序②】ショートカット後に縮毛矯正をかける

縮毛矯正

カットが終わってから縮毛矯正する

これが実は正しい順序になります^ ^

なんでこれが正しいの?

この様に疑問に感じる方も多いと思うので説明しますね^ ^

【結論】ショート主体の縮毛矯正にすること

↑要するに見出しの言葉通りです。

SHUN
SHUN
ショートを主体として
縮毛矯正をかける事で
  • ★丸みの確保
  • ★まとまりやすい仕上がり
  • ★自然な仕上がり
になりやすくなります

これが結論です。
なぜなのかを解説すると…

縮毛矯正が先の場合

あなたの長さが

髪質改善

↑これくらいの長さだとします。
この長さに対して縮毛矯正を先にかけると…

髪質改善

↑当然ですがこの仕上がりになります。
毛先を切りっぱなしで真っ直ぐにしてほしいという要望があったのでこの仕上がりにしています。

この状態では”この長さ“でかけているので毛先に縮毛矯正の効果が反映されます。

では…この状態からショートにするとどうでしょうか?

縮毛矯正失敗

↑間違いなく仕上がりはこのスタイルと同じ様になってしまいます。この状態が

縮毛矯正主体の
ショートスタイル

になります。

SHUN
SHUN
先に縮毛矯正をかけると
ショートにした場合毛先に
効果を出したものが全て
切り落とされてしまう
のでハリガネになりやすいです

先にショートにする場合

そして今度は先にショートにする場合。

施術前の状態

↑こちらが切った状態。
この状態に縮毛矯正をかけると…

ナチュラル縮毛矯正

↑この様に毛先が丸く、綺麗な形になっているのがわかるはずです^ ^

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

↑このスタイルが

ショート主体の
縮毛矯正

です^ ^
先にベースカットをしておくと、その毛流れに沿って縮毛矯正をかけるので

  • ★丸くなりやすい
  • ★まとまり感が出る
  • ★より自然にかけられる
  • ★毛流れを意識できる

etc...

これらの効果を得る事が可能になります。

もちろん縮毛矯正の技術力が大事になるのですが、カットを先にすると基本的に自然な形になりやすくなります。

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。


これらが”適正な順序“になります。

縮毛矯正をかけて自然な仕上がりにするには

  1. クセのままショートベースにカットする
  2. 縮毛矯正をベースに合わせてかける

これで自然な状態にすることが可能になります^ ^

安易に縮毛矯正をかけなくても自然な形になりますが、もしどうしても縮毛矯正をかけたい場合はぜひこちらを参考にしてみてください^ ^

クセ毛のショートの場合の対策方法

アシメスタイル

もしあなたがクセ毛で

クセ毛だから
ショートにしたら
もっとひどくなりそう…

この様に心配しているかもしれません。
その様に心配されていても安心して下さい。

SHUN
SHUN
今あるあなたのクセを活かして
ショートスタイルにすることが可能
です

その方法とは…

■クセ毛ショートの対策方法■
  1. クセ毛を利用する
  2. 質感調整でクセを弱める
  3. 毛流れ補正でクセを味方にする

↑これらになります^ ^順を追って説明していきます。

【対策方法①】クセ毛を利用する

施術後の画像

まず1つ目の方法が

SHUN
SHUN
そのままあなたのクセを活かす
という方法です

見出し下のスタイルがまさにそのスタイルです。
この方の場合なのですが初めていらっしゃった際の状態は

施術前の画像

↑元々縮毛矯正をかけていて、根元にクセが出てしまって変な状態になっていました。

SHUN
SHUN
伸ばしてカットしてを繰り返し
クセをそのまま出して楽しんだ方が
今よりも扱いやすくなります

というアドバイスをさせていただき、その後伸ばしてカットを繰り返しての状態が

施術後の画像

↑このスタイルになります^ ^

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

SHUN
SHUN
クセがあってもそのクセが
パーマとして活かせる
場合もあるのでそのまま
デザインとして活用する事も可能です

【対策方法②】質感調整でクセを弱める

ハンサムショート

クセがあったとしても

SHUN
SHUN
質感調整カット技法
でクセを抑えることが可能です

見出し下の画像の方のビフォーの状態が

施術前の状態

↑この様に調整しないと暴れてしまう状態。
メンテナンスでカットしての仕上がりが

ハンサムショート

↑この様にまとまってる仕上がりになっているのがわかるはずです^ ^

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

先ほどもご紹介しているのでわかると思いますが

SHUN
SHUN
仕上がりはアイロンも
ブラシも使わずにただ
乾かしただけ
の仕上がりです

カットで大体のクセを抑えることが可能です^ ^

【対策方法③】毛流れ補正でクセを味方にする

3回目ご来店の状態

クセのせいで毛流れがおかしくなってしまっている方もいます。それを毛流れ補正のカット技術を使用してが見出し下の画像の方。

そしてビフォーがどの様な状態だったかというと

すきすぎの画像

↑この様にクセで広がり、扱いづらい状態でした。

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

↑全然違うのがわかるはずです^ ^

SHUN
SHUN
ある程度のクセは
質感調整の仲間でもある
毛流れ補正
で毛流れを正して
綺麗な状態にすることが可能です

このスタイルもですが

SHUN
SHUN
アイロンをかけたり
ブローも一切してません
ただ乾かしただけ
の仕上がりになります


これらが”クセ毛ショートの対策方法“になります。

別記事でもこちらの内容をご紹介しておりますので、見たい方はこちらにリンクを貼っておきますのでぜひ参考にしてみて下さい^ ^

目次に戻る

クセを活かしたスタイルをご紹介します

カット前の状態

実際にクセ毛でショートにしている方はたくさんいらっしゃっています。

こちらでは実際に僕が担当した

クセを活かしたショートスタイル

をご紹介していきます^ ^
専用ヘアスタイルページがあるのでぜひ参考にして下さい。

その他にもクセを活かしたショートがありますので見たい方は

※画像クリックでスタイル詳細ページへ
✦ その他クセショートスタイルはこちら ✦

↑こちらより閲覧可能です^ ^

実際にショートの縮毛矯正を担当したスタイル・口コミ

ショート

最後に僕自身がクセ毛でショートにしたい場合に一緒に縮毛矯正をかけた際の

  • ★ショート×縮毛矯正のスタイル
  • ★ショート×縮毛矯正の口コミ

をこちらではご紹介していきます^ ^

ショート×縮毛矯正スタイル一覧

まずこちらでは

ショート×縮毛矯正の実際に
僕が担当したスタイル

をご紹介します^ ^

実際に担当したスタイルがこちら。

※画像クリックでスタイル詳細ページへ
✦ その他縮毛矯正ショートスタイルはこちら ✦

↑ほとんどのスタイルが

乾かしただけ

での仕上がりになっています^ ^
※一部ウルフなどで裾のみアイロンで外ハネを作っています

完全に自然なスタイルになっているのがわかるはずです。そして見た感じでは

縮毛矯正をかけているのかが
わからない

はずです^ ^このショートでの縮毛矯正は■先ほど話した順序 で施術しております。

ショート×縮毛矯正の口コミ

そして実際にショートスタイルに縮毛矯正をかけた方から頂いた口コミがありますのでこちらでご紹介していきます^ ^

Kさん (女性/50代前半/パート・アルバイト)
今日もありがとうございました😊施術前と比べるとすごいかわりようですね。
4ヶ月放置してた甲斐があったといいますか(笑)まとまりが全然なかったのですが今回の変化でかなりまとまってくれてかなりやりやすくなっただろうって見てすぐにわかりました😊さすがSHUNさんです!明日から気持ちよく過ごせます😃
また次回もよろしくお願いします。
【施術メニュー】
カット、縮毛矯正、髪質改善プレックス
【関連カテゴリー】
【Before After】
 →  
■ 施術・口コミなど詳細・解説はこちら ■
Iさん (男性/10代後半/学生)
今回もありがとうございました!
3ヶ月放置してたのもあってかなり髪がもっさりしてたのをカットしてスッキリできました!
何よりも縮毛矯正をかけてやっとアイロンをしなくても大丈夫になったのが一番嬉しいです!縮毛したのにWAXでスタイリングしてもいつも通りにセットできるのもありがたいです!
また髪が伸びたらすぐに連絡しますのでよろしくお願いします🙇
【施術メニュー】
カット、縮毛矯正
【Before After】
 →  
■ 施術・口コミなど詳細・解説はこちら ■
Hさん (女性/50代前半/フリーランス・個人事業主)
今日は本当にありがとうございました。
ブリーチをしているから縮毛矯正は完全無理…だと半ば諦めていましたがまさか改善ができるなんて…と仕上がりを見て感動しております。
あんなにウネウネしていたのに今は髪を触ると別人みたいな手触り…サラサラで艶もあって本当に私の髪なのか半信半疑状態です笑
本当にありがとうございました、これで快適に過ごせそうです。

クセもそうですがまたリタッチ部分がのびたら伺いますのでその時はぜひよろしくお願いします😊
【施術メニュー】
髪質改善ストレート、髪質改善プレックス
【関連カテゴリー】
【Before After】
 →  
■ 施術・口コミなど詳細・解説はこちら ■
Tさん (女性/30代後半/会社員)
昨日はほんとありがとうございました!
すごく満足です!
帰ったら旦那がまた切ったの?って!笑
今度は平日1人で行きます!笑
ゆっくりできないから!

起きてからスタイリングが本当に楽でした♪
職場での反応が楽しみで、これから職場に潜入します笑
また予約しまーす😃

こんにちは!職場ですごい好評でした!
職場の人とか職場の人の子供も行きたいっていってたので紹介しておきました😄
【施術メニュー】
カット、酸性ストレート、髪質改善プレックス
【関連カテゴリー】
【Before After】
 →  
■ 施術・口コミなど詳細・解説はこちら ■
目次に戻る


いかがでしたでしょうか?^ ^

結論は

SHUN
SHUN
縮毛矯正をする場合は
まずはショートにしてから

これが大事です。
リタッチだけであれば縮毛矯正からするのも良いのですが他に

元々縮毛矯正をしている

この方の場合はショートにする際には気をつけて下さい。

  • ★部分的に縮毛矯正をかける
  • ★クセを活かす
  • ★カットのみでクセを改善する

これらの方法もクセ毛対策にありますので縮毛矯正をかける前提にするのではなくまず

カットで修正できるかどうか

が大事になりますのでぜひ参考にしてみて下さい^ ^♪

目次に戻る