【美容室難民の"駆け込み寺"】ショート/ブリーチ/バレイヤージュ/ホワイトカラー/髪質改善

【髪の 量 が多い人必見】すぐ重くならない方法教えます

*カット* *パーマ* *縮毛矯正* *美容マメ知識* *髪質改善*

最近美容室に行ったばかりなのにすぐ量が戻った様な…何か良い方法ないかな…?

髪の量が多い

量で困っている人は結構多いはずです。
そして必ず美容室では

髪の量が多いので
しっかりすいてもらいたいです!

という風にオーダーするのがほとんどなはずです。しっかりすいたのにも関わらずすぐに

髪が重い様な…

この様に感じる方が多いはずです。
あなたも同じ様に困っていませんか?


SHUN
SHUN

早朝なのにすごい!
おはようございます。
青森市フリーランス美容師
BLAZE hair(ブレーズヘア)所属
SHUN(しゅん)
です🐒

※SHUNの事を詳しく知りたい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

量が多い

髪の量を気にしている方であれば減らすのは

永遠のテーマ

になっている方が多いはずです。
ですがこの量に関してですが

SHUN
SHUN
もっと効率良く
髪の量を調整できる方法

あなたはご存知ですか?

このことについて今回解説していきます^ ^

すぐに重くならない方法とは?

多毛

髪の量が多くて困っている方は多いはず。
そこで僕から提案があります。

SHUN
SHUN
量が多い方に対して
普段以上に髪の量が
気にならない方法

があります

その方法についてご紹介します^ ^

【方法①】ショートは避ける

ショート

長持ちさせるためにまず1つ目が

SHUN
SHUN
ショートスタイルは
避けて下さい

ショートは基本的に短いスタイルですぐに伸びて形が崩れてきます。
重さもすぐに気になりやすいです。

なんでショートにすると
すぐに重さが気になるの?

と不思議に思うかもしれませんがこれに対しては■後述 で説明をします。

【方法②】動きがあるスタイルをやめる

ウルフボブ

次にすぐに重くならない様にするためのスタイルなんですが

SHUN
SHUN
動きが出る様なスタイルを
避けて下さい

こうすればすぐに気にならなくなるはずです。

動きが出るスタイルの例

この動きが出る様なスタイルに関してですが

■動きが出るスタイルに関して■

★軽さを出しているスタイル

の事です。

SHUN
SHUN
髪に動きが出る様に
カットをしている事が
すぐに重さが気になるきっかけ
になっています

なのでこのスタイルを止めるとすぐに重さが気になる事がないです^ ^


これらを前提にここから

重さが気にならなくなる
オススメのスタイル

をご紹介していきます^ ^

【方法③】重めスタイルにする

外ハネボブ

ではここからがオススメのスタイルになるのですがまずは

SHUN
SHUN
長く重さを気にならない様にするには
重めスタイルにする事
です

重さをしっかりと残す事で実は

SHUN
SHUN
重さが気にならなくなります

なので長く楽しみたい場合は”重め”にするのが一番の方法になります。

なんで重さが気になるのに
重めにする必要があるの?

と思うはずなのでご紹介したい事があります^ ^

重くしてる人は重いと思わないの?

重めロング

実際に重くしている方は基本的には

SHUN
SHUN
全体をすく事なく
ただ毛先を整えるだけ
のカットを毎回します

普通に考えると重さも何も調整していないので

すいてないなら
重さすぐに気になるんじゃない?

と思うかもしれませんが実際にすいてない方に聞くと皆さん口を揃えてこう言います。

全く重さ気になった事ないです
全然重いなんて感じませんよ?

この様に言われます。

なんで重いって感じないの…?

と不思議に思うかもしれませんがその説明は■後で 話していきます。

ここにも書いた様に

SHUN
SHUN
重さを残して
全くすいてない人に限り
今の状態で重いと
思ったことはない

と話される方がほとんどです

【方法④】ストレートをかける

髪質改善ビフォーアフター

そしてこれが一番オススメな方法になるのですが

SHUN
SHUN
ストレートをかける
事で髪の量がすぐに
気にならなくなります

このストレートというのは

★縮毛矯正
★酸性ストレート
★髪質改善

これらのどれでも大丈夫です^ ^

なんでストレートかけると
重さが気にならなくなるの?

と感じる方もいるはずです。
実際に日頃からクセが気になって縮毛矯正をかけてる方であればかけた途端に

サラサラでスッキリ♪
髪も軽くなった〜♪♪

と実感している人もいるはずですがストレートをかけた事がなく特に

直毛

の方であればいまいち実感する事ができないはずです。

【よくある質問】直毛でもストレートかければ重さ改善できる?

そしてストレートの話をすると直毛の方からよく聞かれる事が

え?
直毛でもストレートかければ
軽くなるんですか?

という事。
実際にどうなのかというお話をすると

SHUN
SHUN
直毛でもストレートをかければ
髪を軽くさせる事が可能です

この方法で

SHUN
SHUN
いつも以上に
重さが気にならなくなります

この理由に関しては■後ほど お話していきます^ ^


これらが”重さがすぐに気にならなくなる方法“です^ ^

実際にこれらの内容を見たとしても

いまいち理由がよくわからない…

と思う方の方が多いはずです。
なのでここからは

なぜ髪が重いと感じるのか?

という部分を解説していきます^ ^

なぜすぐに重いと感じてしまう理由とは?

多毛

今までは

髪がすぐに重くならない方法

について書いてきましたがこちらでは

なぜ髪が重いと感じるのか?

この点に焦点を当てて解説していきます。
この部分を読み理解する事であなたが

なんですぐに髪が重いって感じるんだろう…

という悩みが一気に解消できるはずです^ ^
そしてお話しておくと

SHUN
SHUN
重いと感じる理由は
2つ
しかありません

【重いと感じる理由①】軽い部分があるから

カット

実は1つ目の理由が

SHUN
SHUN
重いからすいてるこの
すいてる事
に原因があります

要するに

SHUN
SHUN
髪が
軽くなってるから
すぐに重くなったと感じてしまうんです

ここから詳しく説明をしていきます。

“軽い・重い”と感じる心理

これを今感じる方法ですが

SHUN
SHUN
まず毛先を触ってから
根元を触ってみて下さい

触った後に質問があるのですが

SHUN
SHUN
どちらが軽いと感じますか?
どちらが重いと感じますか?

これは誰でも同じ事が言えると思うのですが

軽い
↪︎毛先

重い
↪︎根元

だと思います。
この理論は説明しなくてもわかるはずですが

SHUN
SHUN
毛先の量は根元よりも
少ないから

だから軽いと感じるはずです。
実際にカットをしても同じ様に感じるはずです。

毛量調整

↑この様に中間からすいていると触った際に

毛量調整

根元〜中間
↪︎重い

毛先
↪︎軽い

と感じるはずです。
重い方に限って

できる限り
重さをしっかり取ってほしい

というオーダーが多いです。
僕自身あまりすきすぎる事を推奨していないために断る事が多いのですが中には

もっとお願いします!

とリクエストされる方もいます。
その場合危険度を話した上ですくのですが大抵は

毛量調整

↑これくらい根元からすいてようやく

かなり軽くなりました!
ありがとうございます!

と満足される方が多いです。
この状態では確かに軽くなります。
ですが短期間ですぐに”重い”と感じてきます

理由としては

毛量調整

↑この状態では

SHUN
SHUN
すいてる部分の範囲が
大多数をしめています

ですが1週間もすると髪は伸び

毛量調整

↑根元の部分が伸びてきます。
当然のことながら根元は

SHUN
SHUN
すいてある部分がなく
毛量100%
の部分です

マックスの毛量の部分の比率が少しでも増えると

なんかもう
髪が重くなってきたかも…

と感じやすくなります。
逆に重めにしている方の場合であれば

毛量調整

↑この様に全体が重いままなので根元が伸びてきたとしても重さは変わらず

気にならない

ということになります。

すけばすくほど重さ気になるスピードが速いです

ここまでの話を聞いていれば理解できるかと思いますが

SHUN
SHUN
髪の量をすけばすくほど
すぐに重くなると感じる事が
早くなります

この量がすぐに気になるスタイルはこちら。

【量がすぐ気になるスタイル①】ショート

ショート

これは■先ほど も話した通りの

ショートスタイル

になります。

ショートでも
重めにすれば良いんじゃないの?

と思うかもしれませんがもし質感・毛量調整をしていないと

ショート

↑この様にメリハリもなくヘルメットの様になりやすいです。

SHUN
SHUN
切りっぱなしスタイルも流行ってますが
ショートの場合はオススメできません

ショートの場合綺麗な形にするには

SHUN
SHUN
質感をしっかり調整し
適正な重さにする事で
ショートは綺麗な形になります

なのでショートには重さ維持の”期限“があります。

【量がすぐ気になるスタイル②】段を入れているスタイル

ウルフボブ

こちらのスタイルも■先ほど も話した通り

SHUN
SHUN
全体を軽くして
動きを出すスタイル

になります

こちらもすぐに重さが気になってきます。
もし量がすぐに気になりたくなく重めにしてしまうと

ウルフボブ

↑この様に変な形になりやすいです。

SHUN
SHUN
動きを出すために
質感調整・毛量調整を入れている
ので
重めにする事で形自体が変になります

なので量を調整するのは必須条件にあるのが段をいれているスタイルです。

すきすぎると将来的に悲惨になります

すきすぎ

もしあなたが

重いので
限界まですいて下さい

と毎回の様にオーダーしていたとしたら…?
どの様な状態になるかというと

すきすぎ

↑当然のことなんですが

SHUN
SHUN
毛先がスカスカ
になってしまいます

途中までしっかり量があるのに途中から少なくなってしまっている。

SHUN
SHUN
スタイルが崩壊
しているのがわかるはずです

そしてよく見て欲しい画像があります。
毛先をすきすぎると…

すきすぎ
SHUN
SHUN
頭が大きく見えませんか?

毛先に量がない分根元に量が集中し頭が膨れて見えます。なんにせよ

SHUN
SHUN
すきすぎてしまうと
特に伸びてきた際に
スタイル崩壊
を招くので注意して下さい

【重いと感じる理由②】クセの影響

髪質改善ビフォーアフター

実際にクセ毛の方は

なんか量がすぐに増えた感じがするので
量をとって欲しい

という方が多いです。
この理由の犯人は

根元のクセ

伸びてきた根元のクセ

です。

SHUN
SHUN
クセによって
広がってしまって
髪が重い
と認識してしまうケースって
実はかなり多いんです

実際に見出し下の画像の場合は

SHUN
SHUN
全くカットせず
ストレートをかけただけ

です。

形が変わっているのは見てもわかりますが他にも

SHUN
SHUN
量が減ってる様に
見えませんか?

実際にストレートをかけた本人からも

量がすごい減って
扱いやすくなりそうです♪

量が減ったこと

に対して喜んでいました^ ^
実際にクセ毛は直毛の場合と比べてみると

髪の特徴

直毛はまっすぐ生えていますがクセ毛の場合は

★波を打っている
★らせん状に生えている
★大きなうねりがある

などの特徴があり、一本だとそこまで感じませんがこれが全体的にあるとなると

SHUN
SHUN
隣り合う髪通しでぶつかり
膨らんでしまいます

これが

髪の量が多い

と認識してしまう理由にもなります。

SHUN
SHUN
ストレートをかけることによって
髪の量は減りませんが
軽くなったと認識する事ができます


これらが”すぐに重くなると感じる理由“になります。

髪がすぐに重たいと感じないためには

★量を極力減らさない様にする
★クセが伸びてきたら伸ばす

これだけで解決させる事が可能です^ ^

直毛でもストレートかけると軽くなる理由とは?

重めロング

これは■先ほど も触れた内容になりますが

SHUN
SHUN
直毛の方でもストレートをかける事で
髪が軽いと感じやすくなります

なので重さを感じたとしても

SHUN
SHUN
無理に軽くするよりなら
ストレートの方が良いです。

★髪にツヤを出せる
★まとまりが出る
★スタイルが崩壊しない

からです。

ではなぜ直毛でもストレートをかける事で改善ができるのか解説していきます^ ^

髪の”キューティクル・体積“の改善

髪の断面

SHUN
SHUN
湿度が高い梅雨時期に
髪まとまっていますか?

直毛の方でも”湿度の影響“は受けるかと思います。その際によくなりがちなのが

アホ毛

アホ毛

です。
アホ毛が出ている時って当然の様に

まとまってる様には思わない

はずです。
そして全体にも少なからず

うねり

↑この様なうねりも発生してしまうはず。

この梅雨時期に実は直毛の方に多いのが

最近なんんか
髪の量が多く感じる
のですいて欲しい

というオーダーです。
この梅雨時期以外でも

★湿度が多い場所
★暑くて自分で汗をかいてしまった時

なども当てはまります。
この際に直毛でもうねりやアホ毛が発生してしまう理由としては

SHUN
SHUN
キューティクルが開いてしまって
外的要因からうねりなどが発生

してしまうケースが多いです。
キューティクルケア

↑まさにこの症状です。
直毛の場合でもキューティクルが開いている場合は膨張し髪一本の体積が増えます。そうなると

SHUN
SHUN
髪の量が多い
と感じてしまいます

実際に縮毛矯正をかけた方ならわかると思いますが

SHUN
SHUN
かける前とかけた後の髪を比べると
変えた後には湿度の影響は
全く受けないですよね?

まさにこれは

縮毛矯正(ストレート)のおかげで
キューティクルが整ったから
髪の体積を改善できたから

です。
なので直毛の場合でも

SHUN
SHUN
外的要因から髪が
影響受けない様にするため

ストレートをかけると軽くなります

これが真相になります^ ^

髪質改善ビフォーアフター

↑この方も元々は直毛で

量が多いのでなんとか
解決して欲しい

という事で髪質改善をかけています。
かける前とかけた後の髪、全然違うのがわかるはずです。

SHUN
SHUN
かけた後の方が
軽く
見えますよね?^ ^

目次に戻る

髪が重い方と軽い方で”来店周期”が全然違います


来店周期

実際に

髪の量をあまり変えてない方(重い方)
髪の量をしっかり取ってる方(軽い方)

で全然来店周期が違うのでこちらもご紹介していきます^ ^

髪の量を重くしている方の場合

重めロング

髪の量を重くしている方の場合美容室に来る来店周期は

3ヶ月〜5ヶ月

の方が僕のお客様では多いです。
これは

SHUN
SHUN
カラーも何もしてなく
黒髪

というのが条件になります。
そしてカットをする際のオーダーは

毛先の傷んでいる部分を
整えて欲しい

とメンテナンスでのカットがメインの方が多いです^ ^

髪の量を軽くされている方の場合

ショート

これは先ほども話した

★ショート
★髪に動きがあるスタイルの方

の場合です。
軽くされている方の来店周期は

1ヶ月〜3ヶ月

の場合が僕のお客様には多いです。
そしてカットでオーダーされるのが

全体的にカットして欲しい

と重めの時とは違って

全体のカット

をされる方が多いです。


重いスタイルと軽いスタイルでは来店周期が全然違ってきます。軽い方が重い方に比べて

来店周期が早い

という結果が出ていて

軽いスタイル
↪︎短い期間ですぐに形が気になる

重いスタイル
↪︎あまり髪が気にならずメンテナンスをする

この違いが出ています。
もちろんやりたいスタイルにも関係はしてきますが

SHUN
SHUN
コスパがいいのはどちらなのか?
この部分にも違いが出てきています
目次に戻る

【よくある質問①】ショートにしたい場合はどうすれば良い?

ショート

実際にショートにしたい方は結構いて

SHUN
SHUN
長かった時よりも
少し大変になるかもしれません

とお話する際

ショートにしたい場合は
どうすればいいですか?

と聞かれる場合が多いです。
今までの流れを見て頂ければわかると思いますが

SHUN
SHUN
ショートにするなら
今までとは違って
定期的に美容室に
通って頂ければ

形をキープする事が可能です

すぐに重くなったり形が崩れたりもしますが定期的に通って頂ければ何も問題がないです。
ですが

SHUN
SHUN
美容室に行くのが面倒…
と感じる場合はショートにすると
お手入れが大変になるので
あまりおすすめはしていません

なのでショートにする場合は

★お手入れが必須になる事が承諾できるか?
★定期的にメンテナンスに来れるかどうか?

この2つを考えて頂ければいいかなと思います^ ^

【よくある質問②】動きがあるスタイルにしたい場合はどうすれば良い?

ハイライト

軽さの説明をした際に言われるのが

重めでも動きが出る様な
形にしたい場合はどうすればいい?

と質問をされることも多いのでこちらで説明をしていきます^ ^

【方法①】パーマをかける

パーマ

重めの場合に動きを出したい場合は

SHUN
SHUN
パーマをかける事
解消する事ができます

この際カットでは

SHUN
SHUN
パーマで動きが出る様に
段をしっかり入れる事

が大事になります。
すいて軽くするよりも段を入れ軽くする方が伸びてきた際に重さに悩むことが少ないです。

そしてパーマでの動きもしっかりと出てきます^ ^

【方法②】自分でコテで巻く

コテ

パーマが嫌であれば

SHUN
SHUN
あなた自身で
コテで巻く事
動きを出す事が可能です

この際にもパーマの時と同じ様に

SHUN
SHUN
段をしっかりと入れて
コテで動きが出やすい様に
カットするのが良いです

どちらの場合でも

SHUN
SHUN
毛量調整は
しない
もしくは
最低限
で動きがしっかり出ます
目次に戻る

【よくある質問③】すきたくないけど軽くしたい!何かいい方法ある?

カット

中には

髪の量はすきたくないけど
軽くすること
って可能ですか?

毛量調整・質感調整なしに
軽くしたい

と思っている方もいます。
実際にどうなのかというと

SHUN
SHUN
髪をすかなくても
軽くする方法はあります

その方法は

↑こちらにまとめていますのでぜひ参考にしてみて下さい^ ^

【よくある質問④】すでにすき過ぎてしまった時の対策方法は?

すきすぎ

逆に今度は

すでにすき過ぎてしまった場合

の対策方法について。

もうスカスカなんだけど…
どうしよう…

とこちらの記事を見て困ってしまっている方もいるはずです。実際に対処方法は

SHUN
SHUN
すき過ぎてしまった場合には
3つの対策方法
があります

その方法は

↑こちらにまとめていますのでぜひ参考にしてみて下さい^ ^


髪がすぐに重くなる原因を理解できたかなと思います^ ^重さがすぐに気になる方もいれば

全く気にならない方もいる

こともいます。
悩んでいる方はぜひこのブログを参考に今後のヘアスタイルを決めてみてくださいね^ ^♪

目次に戻る