【美容室難民の"駆け込み寺"】ショート/ブリーチ/バレイヤージュ/ホワイトカラー/髪質改善

Q. ブリーチ1回 で出来る髪色が知りたいです!

*カラーに関して* *よくある質問*

Q. ブリーチ1回 で出来る髪色が知りたいです!のサムネイル画像

ブリーチしてカラーしてみたいけど…ブリーチ初めてだからとりあえず1回でやってみようかな…最近明るめのカラーが流行ってるけどあれってブリーチ1回で出来るのかな…

ブリーチをしてのカラーが最近ではかなり流行ってきています^ ^

その中でも流行っている色味が

ホワイトウルフ バレイヤージュ

ホワイト系の色味

バレイヤージュ バレイヤージュ ホワイトミルクティ

ミルクティ系の色味

がダントツで人気です^ ^これらの色味をする際にあなたはこの様に思った事がないでしょうか?

ブリーチ1回でも
出来ないかな?

SHUN
SHUN

こんばんは。
休日の夜も楽しんでくださいね^ ^
青森市フリーランス美容師
BLAZE hair(ブレーズヘア)所属
SHUN(しゅん)
です🐒

※SHUNの事を詳しく知りたい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

僕自身結構ブリーチのオーダーを受ける事が多いのですが、その中でもこの様に聞かれる事が多いです。

ブリーチ1回で
できる色味ってなんですか?
ブリーチ1回で
やって欲しいです!

ブリーチ1回

というのが何気にキーワードになっている事が多いです。

というか

ブリーチ1回で
どんな色味でも可能と
思っている人が実は結構多い

のが現状です。実際には…

SHUN
SHUN
ブリーチ1回だけだと
出来る色味が限られます

これが現状、そして答えになります。

なぜブリーチ1回では色味が限られるのか?
どんな色味がブリーチ1回で可能なのか?
ブリーチ1回での状態はどうなる?

↑あなたはこれらをしっかり把握しているでしょうか?

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

この記事の目次

このような質問が届きました

質問

先日僕の公式LINEにこの様な質問が届きました。

質問内容

朝早くに失礼致します。初めまして😊
質問や予約などお願いしたくLINEを追加させていただきました。
相談なのですが、私自体まだブリーチをした事がなく、これからブリーチをして髪を明るめにしてみたいと思っています。
希望はホワイトなどの色味をやってみたいのですが、周りの友達もブリーチをしてカラーをしている子が多いのですが、話を聞くと大抵周りの子はブリーチ2回以上しているみたいで色素が薄い色味をしている子が多く、まさに私自身その様な色素が薄い色味が理想でやってみたいなと思っているのですが、ブリーチをしたことがないのでブリーチすることに多少なりとも不安があったりもします。
なのでブリーチ2回もするのはちょっとハードルが高い…と思っていて、まず手始めにブリーチ1回でやってみようかなと思っています。
そこで質問なんですが、ブリーチ1回だと色素が薄いカラーって出来るものなのでしょうか?もし出来ないとしたらブリーチ1回ではどの様な色味が出来るのかが知りたいと思っています。
出来る色味によってはブリーチ2回するしか…と思っているのですが実際にどんな色味ができるのか伺っても大丈夫でしょうか?

朝から長文ですいません💦よろしくお願いしますm(_ _)m

ブリーチ1回で
出来る色味が知りたい

という内容でした^ ^朝早くよりありがとうございます。

この様に

ブリーチ1回でやりたい

という方は結構多く聞かれる質問です。まず初めに話しておくと

SHUN
SHUN
事実ブリーチ1回では
色味が限られます

↑実際にこれが答えになります。なら…

ブリーチ1回で
出来る色味って何?

と気になりますよね?なのでこちらのブログでは

ブリーチ1回で出来る色味について

をご紹介します^ ^そして同時に

  • ★なぜブリーチ1回だと色味が限られるのか?
  • ★ブリーチ1回で出来る色味の共通点

なども一緒のご紹介していきます^ ^

質問がある場合は
LINEアイコン
※画像クリックで友達追加
↑こちらLINEより受け付けていますので
いつでもメッセージ送って下さい🙈
SHUN
SHUN
目次に戻る

ブリーチ1回で出来る髪色とは?

ブリーチ

では実際にどの様な色味がブリーチ1回でも出来るのかをご紹介していきます^ ^どの様な色味かというと…

■ブリーチ1回で出来る髪色■
  • ★ブラウン系
  • ★ピンク(赤)系
  • ★緑系
  • ★グレー系 ※条件有

↑この4種類の色味になります。順を追って解説していきます^ ^

【可能な髪色①】ブラウン系

まず1つめに可能な色味が

ブラウン系

になります。

ブリーチ1回でのブラウンカラーの仕上がり

ブリーチしてカラーする際にはあまり選ばれることがない色味ですが

ブリーチブラウン ブリーチブラウン

↑この様な色味になります。

SHUN
SHUN
ブリーチがない状態よりも
透明感のある仕上がりになります

【可能な髪色②】ピンク(赤)系

そして次に可能な色味が

ピンク(赤)系

になります。

ブリーチ1回でピンク(赤)系カラーの仕上がり

実際にブリーチ1回してのピンク(赤)系のカラーの状態は

タンバルモリ インナーベリーピンク

↑この様な色味になります。

SHUN
SHUN
ブリーチなしで入れるよりも
綺麗な色味になりやすいです

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【可能な髪色③】緑系

そして次に可能な色味が

緑系

になります。

ブリーチ1回で緑系カラーの仕上がり

実際にブリーチ1回での緑系のカラーの仕上がりは

オリーブグレージュ オリーブバレイヤージュ

↑この様になります。

SHUN
SHUN
ブリーチをしたことで
緑系の色味がかなり
綺麗に発色します

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【可能な髪色④】グレー系 ※条件有

そして4つ目にブリーチ1回でも発色する色味には

グレー系

も該当します。

ブリーチ1回でグレー系カラーの仕上がり

実際に染めたブリーチ1回でのグレー系での色味は

インナーグレイシルバー グレーシルバー

↑この様な仕上がりになります。

SHUN
SHUN
ブリーチがないと
出来ない様な仕上がりになります

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【⚠️注意①⚠️】シルバーではなくグレーです

そして注意点があるのですがまず1つ目が

SHUN
SHUN
シルバーではなく
グレーです

この部分を勘違いしている方は結構多いです。色味の違いを見てみると

シルバー

↑こちらがシルバーで

グレー

↑こちらがグレーになります。

SHUN
SHUN
明るさが全く違い
シルバーはブリーチ1回では
不可能
なので注意が必要です

【⚠️注意②⚠️】グレーがしっかり入るには注意点があります

そしてもう1つの注意点というか

グレーが入る条件

があるのですが

SHUN
SHUN
赤みが残っていない事
が条件になります

詳しくは■後ほど 解説していきますが大抵ブリーチ1回の場合

ブリーチ1回目

↑この様にオレンジっぽく赤みが出てしまう方がいるのですが

SHUN
SHUN
この様に赤みが残る状態だと
グレーの色味が入らない

ので注意してください

【結論】ブリーチ1回で可能な色味には共通点がある

結論になるのですが

  • ★ブラウン
  • ★ピンク(赤)系
  • ★緑系
  • ★グレー系

↑グレーに関しては条件があるのですがその他3つの色味には実は

ブリーチ1回でも
色がしっかり入る共通点

があるのにあなたは気づいたでしょうか?^ ^

え?どんな共通点があるの?

と気になる方は後ほどしっかり解説しまうが■こちら より移動が可能なので見たい方は先に見ても大丈夫です^ ^


これらが”ブリーチ1回でも出来る髪色“になります^ ^

ブリーチ1回では出来ない髪色とは?

シャドールーツ

では今度は反対に

ブリーチ1回では
出来ない髪色

についてご紹介します。どの様な色味ができないかというと

SHUN
SHUN
簡単に話すと
ブリーチ1回で可能な
色味以外の色

が出来ません

■後ほど 解説していきますが主に

  • ★シルバー系
  • ★青(ブルー)系
  • ★紫(パープル
  • ★ミルクティ系
  • ★ホワイト系

↑これらの色味がブリーチ1回では不可能になります。

なぜブリーチ1回では出来ない色味があるのか?

なんでブリーチで明るくしてるのに
出来ない色味があるの?

と特に”ブリーチをした事ない方“からすると不思議に思うはずです。

SHUN
SHUN
ブリーチを1回したからと言って
なんでも色味が可能になる
とは限らない
んです

これはこれから解説する

■ブリーチ1回で色味が限られる理由

↑こちらで解説していきますが

  • ★赤みが残る事が多い
  • ★黄色みが強い
  • ★明るさが足りない

↑これら3つの理由が関係しているからです。

ブリーチ1回だと
どんな状態になるの?

この様に感じると思うのでこれは■次のパート で解説していきます^ ^


これが”ブリーチ1回では出来ない色味・理由“です。

ブリーチ1回後の状態とは?

ブリーチ比較

ブリーチ1回で出来る
色味結構少ない…

とこの様に感じている方が多いかと思いますがこれは

ブリーチ1回での
仕上がりの状態を
知らない方が多いから

だと思います。実際にブリーチを1回するとその後の状態はどうなるのかこちらでご紹介していきます^ ^

  • ★赤みの有無
  • ★黄色みの強さ
  • ★明るさ

↑この3つに分けて解説していきます^ ^

【前提】ほとんどの方のブリーチ1回の仕上がり

ブリーチ1回での仕上がりを解説する前に前提での話になるのですが

SHUN
SHUN
これから解説する状態は
ほとんどの方のブリーチ1回
での状態

になります

ほどんどの方のブリーチ1回後の状態

ほとんどの方のブリーチ1回後の状態をお見せすると

ブリーチ メンズショート

↑この様な状態になることが多いです。

例外のブリーチ1回後の仕上がり

例外でブリーチ1回で

ブリーチ

↑これくらいの明るさになる方がいますが

SHUN
SHUN
この明るさになる方は
例外中の例外であり
ほとんどの方はここまでの
明るさはブリーチ1回では
出すことが不可能です
《例外の方のブリーチ1回後》
《通常の方のブリーチ1回後》

※画像クリックで画像が変わります。

↑これくらいの違いがでますが大抵は

ブリーチ

↑こちらの状態になる方が多いのでこちらの状態での解説をしていきます。

【状態①】赤みの有無

まずは赤みの有無について。状態を見ると…

ブリーチ

↑赤みが強く残っているのがわかるはずです。

なぜ赤みが残りオレンジっぽくなりやすいのか?

SHUN
SHUN
日本人は
赤みを強く含んでいる
髪質が多く
ブリーチ1回では
取り除きにくい

ので大抵ブリーチ1回での
仕上がりはオレンジっぽく
なりやすいです

日本人は基本黒髪が多いのですがその状態は

カラーチャート

↑これは明るさのレベルごとの違いになるのですが左側に属します。

暗ければ暗いほど赤みが
強く配合されている

というのがこのレベルスケールで確認できます。

そして赤の色素は

分解が難しく
必ず髪に常駐しやすい色味

になります。なので日本人の場合は

SHUN
SHUN
髪に赤みを強く含んでおり
ブリーチ1回で明るさを出した
としても大抵はオレンジになりやすい

ということになります。

【状態②】黄色みの強さ

次に黄色みの強さに関して。

ブリーチ

↑赤みが残っていると当然ですが

黄色みも強い状態

ということになります。先ほどお見せした

カラーチャート

暗ければ暗いほど赤みが強い

逆に明るければ明るいほど

  • ★赤みが全くない
  • ★黄色みが薄い

という状態になるのですが明らかに

  • ★赤みが残っている
  • ★黄色みが残っている

これらが合わさり

オレンジ

になっているのがわかるはずです。

【状態③】明るさ

そして3つ目に明るさについて。

ブリーチ

↑この状態は確かに明るくはなっていますがレベルスケールで見てみると…

カラーチャート

せいぜい16レベルしか出ていません。

SHUN
SHUN
ブリーチで16レベルに到達は
基本的に
そこまで明るくなっていない
ということになります

ほぼ色味を綺麗に出せるための明るさとは?

ブリーチをして他の色味も綺麗に出すための明るさは

18レベル以上

になります。レベルスケールで見ると

カラーチャート

↑一番右に属する明るさになります。ここまで到達ができていないと

SHUN
SHUN
基本的にブリーチ1回で
可能とされている
  • ★ブラウン系
  • ★ピンク(赤)系
  • ★緑系
この3つしか綺麗に染まることは
ありません


これらが”大抵のブリーチ1回後の状態“になります。

ブリーチ1回後の状態なのですが

SHUN
SHUN
最近のカラーでは
ブリーチ1回では
足りない

です

なのでブリーチ1回では限られた色味しかできなくなる、ということを覚えておいて下さい。

ブリーチ1回で色味が限られる理由とは?

ブリーチ1回

なんでブリーチ1回だと
色味が限られるの?

と不思議に感じている方が多いかと思います。この理由をこちらの項目では解説していきます。

■ブリーチ1回で色味が限られる理由■
  • ★赤みが残る事が多い
  • ★黄色みが強い
  • ★明るさが足りない

↑これら3つの理由があるからです。順を追って解説していきます^ ^

【理由①】赤みが残る事が多い

まず1つ目の理由が今までにも書いてきていますが

赤みが残ることが多い

という理由があるからです。先ほどからも提示している画像で確認できると思いますが、大抵ブリーチ1回後の仕上がりは

ブリーチ

↑この様に少しオレンジっぽく仕上がることが多いです。

なぜ赤みが残ると色味が限られるのか?

なんで赤みが残ると
色味が限られるの?

とこの様に思う方が多いはずです。1番の理由が

SHUN
SHUN
赤みが残るということは
色が濁る
ということになります

実際にあなたがブリーチをしたい時には

バレイヤージュ バレイヤージュ アシメショート

↑この様に綺麗に発色する様にカラーをしたいはずです。

ですがブリーチ1回の場合だと大抵赤みが残るために

SHUN
SHUN
元々ある赤みのせいで
色に濁りが出て
綺麗に発色しない可能性が
かなり高まります

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

ブリーチ1回とブリーチ3回の差

以前毛先にブリーチ3回をしている方がいたのですが

なんとか根元の黒を
ブリーチ1回で
ピンクにして欲しいです!

という方がいらっしゃり、その際に

SHUN
SHUN
毛先ほど色は
綺麗に入りませんが
大丈夫ですか?

と聞き、了承を頂いた上でカラーをしたのですが仕上がりの状態がこちら。

ラベンダーピンク ラベンダーピンク ラベンダーピンク

↑頭頂部の色味が中間〜毛先に比べて

濁りがあり
ピンクが薄い

のがわかるはずです。この原因は

SHUN
SHUN
根元のブリーチが
当然1回だけだったから

になります

ピンクは赤系の色味になるので見て頂いてもわかる通り色味は入りますが毛先までとは及びません。

SHUN
SHUN
元々の赤みが邪魔をして
毛先の明るさに合わせて
薄めの色味をオンカラーしたことにより
色味が濁り
ピンクブラウン系
の色味で入っています

これほどの差が出ます。

SHUN
SHUN
赤みが残ると
思ったほど綺麗に色が
入らない

これがブリーチ1回で
生じやすい事象
になります

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【理由②】黄色みが強い

次に色素が入りづらい理由が

黄色みが強い

というのが理由になります。

なぜ黄色みが強いと色が入りづらいのか?

なぜ黄色みが強いと色が入りづらいのかというと

SHUN
SHUN
黄色の色素に
左右されてしまうから
です

実際に色味が左右されてしまう例

実際に黄色みが強いことで色味が左右されてしまう例なのですがよく

  • ★シルバー系
  • ★ブルー系

で生じやすいです。実際に黄色みが強い状態でこれらの色味でカラーをすると

ターコイズ 色ムラ

↑ブルーやシルバーを入れたはずなのに

緑っぽく仕上がる

という事故が発生していることが多いです。この原因が

黄色み

です。


※"この動画は再生できません"と表示の場合
"ページ再読み込み"が必要です。
再読み込みは■こちら■をクリック下さい。

↑この動画を見るとわかると思いますが黄色にそのまま青を混ぜると

になっているのがわかるはずです。これと同じで

髪に黄色みが強いと
青系の色味を乗せると
完全に緑になります

その他にも黄色が強い状態に

赤を混ぜる
↪︎オレンジっぽくなる

という現象が起こったりします。

濃いめに色を入れたとしても色落ちで髪色が汚くなりやすい

黄色みが強い時の対策としては

オンカラーの色味を
濃いめに塗布する

という技法があります。そうすると


※"この動画は再生できません"と表示の場合
"ページ再読み込み"が必要です。
再読み込みは■こちら■をクリック下さい。

↑先ほどとは違って青を強めにした配合をして混ぜると

になったのがわかるはずです。そして赤を混ぜた場合も


※"この動画は再生できません"と表示の場合
"ページ再読み込み"が必要です。
再読み込みは■こちら■をクリック下さい。

↑こちらは赤を混ぜた状態ですが

赤の配合量少ない〜同等
↪︎オレンジ

赤の配合量多め
↪︎

になっているのがわかるはずです。なので対策方法としては

色素を濃いめにオンカラーする

が正解なのですが…

色落ち後に注意してください

SHUN
SHUN
実際に染めたては
綺麗な青や赤になりますが
問題が
色落ちの過程
です

元々の髪の色味で黄色みが強いと

青から色が落ちてくると

赤から色が落ちてくると
オレンジ

と色落ちの工程で

汚い色落ちの状態になりやすい
のが黄色みが強い状態で
オンカラーをした場合

です。

SHUN
SHUN
なので黄色みが強い状態だと
色が落ちてから不快感が高まり
汚い色味になりやすいので
綺麗に染まる色味を限定しています

染まった直後〜色落ち工程までが

SHUN
SHUN
僕が考える
オンカラーになります

【理由③】明るさが足りない

そして3つ目の理由になりますが

  • ★赤みが残りやすい
  • ★黄色みが強く残る

ということは単純に

明るさが足りない

ということで色が限られる理由になります。

ホワイト系カラーと比べると一目瞭然です

ブリーチした後は明るく見えるのですが

バレイヤージュ

↑この様なホワイト系のカラーと

ブリーチ

↑ブリーチ1回を比べるとどうでしょう?

SHUN
SHUN
明らかに暗いのが
よくわかりますよね?

ホワイト系カラーは基本的に

明るさがないと
絶対にできないカラー

です。

SHUN
SHUN
ブリーチ1回では
ホワイト系はできません

これは当たり前なんですが^^;

  • ★赤みが残っている
  • ★黄色みが強い

ということは同時に

明るさが足りない

ということにもつながるので覚えておいて下さい。


これらが”ブリーチ1回で色味が限られる理由“になります。

ブリーチ1回で出来る色味の共通点とは?

共通点

ブリーチ1回で出来る髪色としては

  • ★ブラウン系
  • ★ピンク(赤)系
  • ★緑系

この3つが主体で例外で

グレー系

も可能と言いましたが主に前者の3つの色味のブラウン・赤・緑が基本的にブリーチ1回でも確実に色味が入ります。

なんでこの3つが
確実に色味が入るの?

とこの様に疑問に感じるかと思いますがこの3つに実は

共通点

があるのをご存知でしょうか?その共通点があるからこそ

ブリーチ1回でも
綺麗に色味が入る

ということになります。どの様な共通点があるかというと…

  • ★色素が濃い
  • ★ブリーチなしでも色味が発色する
  • ★赤みや黄色みを打ち消せる・取り込める

↑この3つの共通点があるからこそブリーチ1回でも色味を綺麗に入れることが可能なんです^ ^

順を追って解説していきます^ ^

【共通点①】色素が濃い

まず1つ目の共通ポイントになるのですが

色素が濃い

という共通点を持っています。

ブラウンの色素について

まずブラウンの色素について。

ブラウンというとどの様な色味を想像するでしょうか?大抵は

ブラウン

↑この様な色味を想像するはずです。そしてブラウン系の色味を比べてみても

ブラウン

↑この様にブラウンと書いているものが黒の次に色素が濃いのがわかるはずです^ ^

赤・緑の色素について

では次に赤と緑の色素について。

色相感

↑明るさではなく

色の深さ

いわゆる

鮮やかさ

で見て欲しいのですが断然赤と緑が色の鮮やかさではダントツかと思います^ ^

ですがこの色相感を見た際によく言われることがあります。それが…

【よくある質問】青も鮮やかさではかなり深い様に感じますがブリーチ1回で入らないのですか?

タイトル通りです。

青も結構鮮やかさとか色の深み
だと断然濃い様な気がするんですが
ブリーチ1回では入らないんですか?

この様に聞かれることがあるのですが、先に答えを話しておくと

SHUN
SHUN
青の場合はブリーチ1回では
全く色味は入りません

この理由・証拠に関しては■後ほど 解説していきます。


色素が濃いから
ブリーチ1回でも入るの?

この様に感じると思いますが逆に話すと

色が濃いからこそ
ブリーチ1回でも入る

ということが言えます。しっくりこないと思うので次の項目で深く理解できるはずです^ ^

【共通点②】ブリーチなしでも色味が発色する

そして次の共通点、これがブリーチ1回でも入る証拠になるのですが

ブリーチなしでも
色味が入る

という共通点が実は3つの色味にはあります。

ブラウンの場合

まずはブラウンのブリーチなしの仕上がりなのですが

ブラウン

↑この様にブリーチしていなくてもブラウンに染めることが可能です。

そして色が抜けてももう体験されている方の方が多いかと思いますが

施術前の状態

↑色抜け後の状態は大抵”ブラウン“ですよね?^ ^

SHUN
SHUN
日本人の元々の髪色が
ブラウン
なのでどんな状態でもブラウンは
綺麗に色素が出やすくなっています

ピンク(赤)系の場合

ではピンク(赤)系の場合はどうでしょうか?実際にブリーチなしで染めた後の状態はというと

オリジナルプレックス ショートボブ ウルフボブ

↑この通り赤の場合はブリーチなしでも色が入るのがわかるはずです^ ^

SHUN
SHUN
ブリーチしていなくても
色味が綺麗に入るからこそ
ブリーチ1回でも色味を
綺麗に発色できるのが赤系です

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

緑系の場合

では今度は緑系の場合。ブリーチなしで染めるとどの様になるかというと…

ショートボブ オリーブグレージュ オリーブグレージュスタイル

↑暗め・明るめでも緑系の場合でも緑っぽさがそのまま反映されているのがわかるはずです。

すなわち

SHUN
SHUN
緑に関しても
ブリーチなしでも色味を
感じることが可能
なので
ブリーチ1回でも色味がそのまま
出てくれます

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

青系の色味をブリーチなしにすると…

では問題です。
■先ほど も話にあった通り

青も結構鮮やかさとか色の深み
だと断然濃い様な気がするんですが
ブリーチ1回では入らないんですか?

という質問に僕自身

SHUN
SHUN
青の場合は色が入りません

と話しました。この証拠が

ブリーチしてない場合
青になるのか?

ということ。実際にブリーチしてない状態でアッシュ系の色味を入れるとどうなるでしょうか?仕上がりの状態はこちら。

暗染

↑これはブルーブラックの色味でブルーを強く入れているのですが…

SHUN
SHUN
青み何も感じませんよね?

他にも少し明るめの青みを入れたとしても…

コンパクトショート

↑青になっているでしょうか?
これで証明になると思います。

SHUN
SHUN
青の色味はブリーチなしの場合
全く青が出ません

透明感のみ出すことができます

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

青が強い紫も実は色が入りません

ちなみになのですが結構人気な

ブリーチカラー

↑この様なパープル系の色味。
もしブリーチなしでカラーをすると

ラベンダーピンク

↑この様に必ず赤が強く出ます

SHUN
SHUN
ある程度の明るさがない限り
青は発色しません

注意が必要になります

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【共通点③】赤みや黄色みを打ち消せる・取り込める

そして3つ目の共通点になるのですが

黄色みや赤み自体が髪にあっても
打ち消せる・取り込める

という共通点を持っています。これは

SHUN
SHUN
色素自体が濃く
ブリーチなしでも染まるからこそ
の特権になります
  • ★ブラウン系
  • ★ピンク(赤)系
  • ★緑系

は染める前の状態が

  • ★赤が強い状態
  • ★黄色が強い状態

↑どちらの状態でも無視して綺麗にブラウン・赤・緑になります。


これらが”ブリーチ1回でも染まる共通点“になります。そしてもう1つ…。

【⚠️注意⚠️】ブリーチ1回で染まる色味は”色が取れづらい

ブリーチ1回、もしくはブリーチなしでも色味がつく

  • ★ブラウン系
  • ★ピンク(赤)系
  • ★緑系

この3つに関しては

SHUN
SHUN
髪に常駐しやすく
色が剥がれづらい
ので
カラーチェンジの際にしっかり
脱染が必要になります

カラー前の状態で

施術前の状態

↑ブラウンは色素がない状態ですでにブラウンですが

施術前の状態

↑前回赤で染めていた方がそのまま赤が髪に常駐していたり

施術前の状態

↑ブリーチして紫シャンプーを使用して使わなくなると

になってしまった人がいますが、この緑は紫シャンプーを使用しなくなるといずれ金髪に戻るのではなく

常駐して
緑っぽさが残る

というデメリットがあります。

SHUN
SHUN
ブラウン・赤・緑は色素が濃い分
髪に常駐しやすい特性も一緒に
持ち合わせているのでカラーチェンジ
をする際に弊害になるので
必ず脱染処理してから色を入れる
ことをオススメします

色がしっかり入るからこその

デメリット

にもなるので注意が必要です。

脱染について詳しく知りたい方は

↑こちらをご参照下さい。

目次に戻る

【参考①】ブリーチ1回でどんな色味でも可能になる条件とは?

ブリーチ

どうしてもブリーチ1回で
ホワイトはできませんか?

と実は無理でも懇願してくる方が結構多くいます。

この答えに関しては

SHUN
SHUN
ホワイトなどができる条件に
ブリーチ1回で到達するなら可能
とお答えしています

実際にどの様な条件があるかというと…

  • ★赤みが全くない事
  • ★黄色みが薄い事
  • ★明るさがある事

↑これらの条件をクリアする必要があります。順を追って解説していきます^ ^

【条件①】赤みが全くない事

まず1つめが100%絶対条件になるのですが

赤みが全くない事

この状態にならない限りブリーチ1回でどんなカラーでもすることは不可能になります。

これは■先ほど 解説した部分を見るとわかるはずです。

【条件②】黄色みが薄い事

そして次の条件が

黄色みが薄いこと

です。よくブリーチして

ホワイトブリーチ

↑この状態で

かなり抜けました!

と喜ぶ方がいるのですが

SHUN
SHUN
黄色みが強すぎて
希望の色味が入りづらい可能性が
かなり高い
です

もちろんこの状態がブリーチ1回で到達したとしても綺麗に色味が入りやすい色は

  • ★ブラウン系
  • ★ピンク(赤)系
  • ★緑系

になります。この黄色みが強い状態ではなく

ホワイトブリーチ

↑これくらいの明るさにならないとどんな色味をするにも難しいです。

《黄色みが弱い》
《黄色みが強い》

※画像クリックで画像が変わります。

↑比べてみると一目瞭然なのがわかるはずです。

SHUN
SHUN
黄色が強いことも
入れる色素の邪魔をする状態
なので黄色みを薄くすることは必須です

この黄色みについても■先ほど 解説しており、どの様な弊害があるのかがわかるはずです^ ^

【条件③】明るさがある事

そして3つ目に

明るさがあること

これがブラウン・赤・緑以外で染める際には必須になります。

どれくらいの明るさがあるといいのか?

どれくらいの明るさがあれば
どんな色味でも可能になるの?

と感じると思うのでお答えすると

ブリーチ2回

↑最低これくらいの明るさがあり

  • ★赤みがないこと
  • ★黄色みが薄いこと

↑この2つの条件もプラスでブリーチ後この様な状態になるとどんな色味でも可能になります^ ^


これらが”ブリーチ1回でどんな色味でも可能になる条件“になります^ ^

【参考②】ブリーチ2回で出来る髪色とは?

バレイヤージュ

ブリーチ1回でできる色味についてご紹介してきましたが、では…

ブリーチ2回すると
出来る髪色は何が出来るのか?

ということについてもご紹介しておきます^ ^

■ブリーチ2回で出来る髪色■
  • ★シルバー系
  • ★青(ブルー)系
  • ★紫(パープル)
  • ★ミルクティ系
  • ★ホワイト系

↑これらの色味が一気にできる様になります。順を追って見ていきましょう^ ^

【前提】ブリーチ2回をした髪の状態

まず前提として

ブリーチ2回した後の状態

を確認しておきましょう。大抵ブリーチ2回をすると

ブリーチ2回

↑ブリーチ1回の状態と比べているのでわかりやすいかと思うのですが

  • ★赤みがない
  • ★黄色みが薄い
  • ★明るさがある状態

になっているのがわかるはずです^ ^

この状態になりできる色味についてここから解説していきます^ ^

【可能な髪色①】シルバー系

ブリーチ2回をしてできる様になる色味の1つとして

シルバー系

の色味が可能になります^ ^

バレイヤージュ バレイヤージュ ハンサムショート

↑見てわかる通りそのままシルバーの色味が可能になります^ ^

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【可能な髪色②】青(ブルー)系

そして次にできる様になる色味が

青(ブルー)系

の色味です^ ^

アシメショート ネイビーブルー ハンサムショート

↑この様な鮮やかなブルーにすることが可能になります^ ^

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【可能な髪色③】紫(パープル)系

そして次に

青みの強い
紫(パープル)系

も可能になります^ ^

ブリーチカラー グラデーションカラー グラデーションカラー

↑この様な色味が可能になります^ ^

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【可能な髪色④】ミルクティ系

そして次にこれは人気の色味になるのですが

ミルクティ系

の色味も可能になります^ ^

ミルクティグレージュ バレイヤージュ バレイヤージュ

↑ミルクティと言っても

透明感のあるミルクティ

が可能になります^ ^

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【可能な髪色⑤】ホワイト系

そして最後に

ホワイト系

これも可能になります^ ^どの様な色味かというと

バレイヤージュ バレイヤージュ ホワイトシルバー

↑見るからにホワイトっぽいカラーで、色素が薄めのカラーデザインが可能になります^ ^

※ご紹介したスタイルを詳しく見たい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

【結論】ブリーチ2回からなんでも色味が可能になる

結論になりますが

SHUN
SHUN
ブリーチ1回ではできない色が
2回やるだけで大抵の色味を
することが可能
です

ブリーチ2回することで

  • ★赤みをなくすことが可能
  • ★黄色みを薄くすることが可能
  • ★明るさを出すことが可能

になります。

《ブリーチ2回》
《ブリーチ1回》

※画像クリックで画像が変わります。

↑とここまで状態が変わるので

SHUN
SHUN
綺麗に色味を出したい場合は
最低ブリーチ2回必須
となります
目次に戻る

【参考③】ブリーチしても明るくなりづらい理由とは?

アイキャッチ画像

ブリーチをしたのに

全然思ったほど抜けなかった…
しかも綺麗な色にならなかった…

といわゆる

ブリーチの失敗

をしてしまった方も結構多くいらっしゃいます。実際にブリーチをして

ブリーチ1回目

↑この様に

通常よりもオレンジが強く
明るさもそこまで明るくない状態

になった方も実は結構多いです。この原因は…

  • ★髪が硬い
  • ★髪が太い
  • ★黒染めをしている
  • ★白髪染めをしている
  • ★縮毛矯正をかけている
  • ★デジタルパーマをかけている
  • ★コテ・アイロンで毎日スタイリングしてる
  • ★ブリーチの塗布量が少ない
  • ★ブリーチを放置する時間が短い

という理由があります。詳しくは

↑これらのブログを参考にしてみてください^ ^


いかがでしたでしょうか?
ブリーチ1回でできる色味は

  • ★ブラウン系
  • ★ピンク(赤)系
  • ★緑系

この3つと条件を満たしていれば

グレー系

この4つの色味を楽しむことができます^ ^この他の色味をしたいということは

ブリーチ1回では足りず
ブリーチ2回以上必須

となります。

ブリーチ1回のみであなたがやりたい色味はあったでしょうか?ぜひ参考にしてみてくださいね^ ^♪

目次に戻る