【美容室難民の"駆け込み寺"】ショート/ブリーチ/バレイヤージュ/ホワイトカラー/髪質改善

パーマ がオススメな人とは?【ズボラな方必見】

*パーマ* *美容マメ知識*

最近パーマかけてる人っているのかな?ストレートパーマとか縮毛矯正なら聞くけど…パーマかけた方が良い人なんているのかな…?

最近はパーマをかける人がかなり減りました。
そしてパーマに関しての

オワコン説

もちょくちょく耳にする様にもなってきました。

パーマは本当にオワコン…?


SHUN
SHUN

こんばんは。
深夜に見て下さり
ありがとうございます^ ^
青森市フリーランス美容師
BLAZE hair(ブレーズヘア)所属
SHUN(しゅん)
です🐒

※SHUNの事を詳しく知りたい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

5年前までは

今日パーマかけたいです
雰囲気変えたいから
パーマかけたいです

と毎日の様に頻繁に

ゆるふわパーマ

パーマのオーダー

って結構あったんですよね^ ^
ですが最近ではかなりパーマをオーダーする人が減りました。

そしてその代わりにやられるのが多いのが

ハイトーンカラー

デザインカラー

です。ほぼ

毎日

の様にブリーチをしている気がします。
冒頭でも話した様に

パーマかける人なんて
最近はいるんですか?

と聞かれることも多いです。
実際にこの質問をする方はブリーチしてカラーをしている方が多いですが基本的にスタイリングは

コテ

コテ

もしくは

アイロン

アイロン

でする人が多いです。

自分でできるから

この理由でパーマはどんどん衰退していると思います。ですが

SHUN
SHUN
パーマをかけた方が良い人は
実は結構います

と僕は思っています。

パーマをかけた方がいい人
パーマがオススメな人

こちらに焦点を当てて今日はブログを書いていきます^ ^

このブログを読み終わった後にあなたは

パーマかけてみたいかも…

ときっと思うはずです^ ^

パーマがオススメな人とは?

最近は本当にパーマのオーダーが減ってきていますが

SHUN
SHUN
絶対パーマ
かけた方が良いですよ

と僕自身がオススメする方も結構います。
そのオススメする方が実際に

パーマがオススメな人

です。
実際に営業をしている中でどんな人にパーマをお勧めしているのか?

こちらを解説していきます^ ^

【オススメな人①】ボリュームが出にくい人

猫っ毛

まず当てはまるのが

ボリュームが出にくい人

に対してパーマはオススメです。
ボリュームが出にくい方の髪質に当てはまるのは

★髪が柔らかい
★いわゆる猫っ毛

です。
実際にボリュームが出にくい方を担当した際によく言われる事が

全然髪にボリュームが出なくて
髪がぺったんこになるんです

このように言われ常に

ボリューム

を求めいている方が多いです。

ぺたんこな人にパーマをかけると…

実際にぺたんこになりやすい人にパーマをかけると

パーマ

↑この様に当然ですがボリュームを出す事が可能です^ ^この話をすると…

【よく言われる事】コテで巻けば良くない?

実際にパーマの提案をしていると

それって…
コテで巻いても同じじゃないですか?

と言われる事があります。
この内容は■後ほど 詳しく説明しますが

SHUN
SHUN
コテで巻いたとしても
午後には巻きが取れてると思うので
パーマをかけた方が良いです

色々知りたい事があるとは思いますがこの部分に関しては先ほども話した様に■後ほど 解説していきます^ ^

【オススメな人②】顔を小さく見せたい人

小顔

次に当てはまる方は

小顔に見せたい方

です。
パーマの機能的に

小顔効果ってあるの?

と感じる方も多いかと思いますが実際にパーマをかける事によって■先ほど も話した様に

パーマ

ボリューム

が出るからこそ小顔効果を出す事ができる様になります^ ^

実際にパーマをかけたイメージはこちら

そして実際にパーマをかける事で小顔に見えるかどうか比較できるものがあるのでそちらを紹介します。

パーマのビフォーアフター

↑どうでしょう?
実際にパーマをかける事で骨格補正の効果が出ているのがわかるはずです^ ^

パーマをかける前と比較すると

トップ・顏横のボリューム

が違うのがわかるはずです。
多少はスタイリングの効果もありますが実はパーマをかけたのは

顔横のみ

になります。

パーマは”部分的“でも効果有

実際にコテで巻く時も同じじゃないでしょうか?
実際にカールが欲しくてコテを巻く人もいれば

ペタンコになっちゃうから
なんとかしないと…

髪のボリューム

を気にして特に

ボリュームが出ない部分

に対してしっかりコテを巻く事が多いはずです。
実際に過去に担当した方でボリュームが出なくて悩んでいる方に

↑この様にコテでのアレンジを教えたこともあります。重点的にレクチャーしたのが

いかにボリュームがある様に
巻けるどうか

です。
最近はパーマをかける人が少なくなりましたが前には

トップにボリュームが出ないので
上だけにかけてほしいです
横にボリュームがないので
この部分パーマでなんとかなりませんか?

と言った様なオーダーがありました。

SHUN
SHUN
パーマって
全体的にかけるイメージ
がありませんか?

今はほとんどがパーマせずにコテで巻いてスタイルを作っているのでパーマは全体的なイメージがあると思いますが

必要な部分だけかける

この様なことも可能です^ ^
顔を小さく見せたいのであれば

ロング切りっぱなし

顔まわりにボリュームが出る様
パーマをかける

これで解決することが可能です^ ^

【オススメな人③】スタイリングが苦手な人

コテ

次にオススメな人は

自分でコテなどで
スタイリングがする事が苦手な人

に対してパーマはオススメできます^ ^

【よくある質問】パーマのスタイリングは難しくない?

スタイリングが苦手な方に対してパーマをオススメすると

パーマって逆に
スタイリング難しいんじゃないですか?

と質問をされる事が多いです。
多分この様に思っている方はパーマといえば

パーマの乾かし方

↑この様に捻って乾かすイメージが根強いと思いますが僕の場合

SHUN
SHUN
パーマは
捻って乾かすものではないです

とアドバイスします。
実際にパーマをかけた事がある方はいると思いますが

ゆるふわパーマ

↑この様にゆるふわにしたいのにねじって乾かしてしまう事で

内巻きパーマ

↑この様に変に内巻きになってしまったことはないでしょうか?

実際にゆるふわにしたいのに
どうやっても内巻きにしかならない…

全然形にならない…

この2点で悩んでしまっていて

パーマをスタイリングするのは
難しい

と思っている人が多いですが実際には

SHUN
SHUN
パーマは乾かして作るものではなく
濡らして作るものです

と僕は提唱しています。
実際にパーマってあなたの印象とは真逆で

SHUN
SHUN
多分ですが…
この世で一番簡単に
スタイリングできるのが
パーマ
だと思っています

要するに

誰でも簡単に
スタイルを再現できる

というのがパーマです。
実際のやり方については担当した際にお話しますが

SHUN
SHUN
スタイリングが苦手だけど
コテみたいなスタイリングしたいなら
絶対パーマかけるべき
です

↑このスタイルも

濡らしただけ

で完全再現できる様になります^ ^

【オススメな人④】すきすぎてしまっている人

すきすぎ

次にオススメできる方は

SHUN
SHUN
髪の量を
すきすぎてしまってる方

に対してオススメできます^ ^

パーマの効果は”ボリュームを出す

実際に■上記 でも説明をしていますがパーマをかけると

パーマ

↑この様にボリュームを出すことが可能です。
ということは…

ボリュームが少ない部分も
量を補填できる

のがパーマの効果でもあります^ ^

↑これらのスタイルは2人とも

髪すきすぎて
形が変
なので修正してほしい

というオーダーでした。
実際にスタイルを見て髪が軽いかどうかはわからないかなと思います^ ^

ただ1つデメリットがあるのですが…

すきすぎた方がパーマをする事のデメリットとは?

実際に量が普通の方と軽くなりすぎた方のスタイルを比べてみるとわかります。

《量をすきすぎてる方》
《量が普通の方》

※画像クリックで画像が変わります。

↑スタイリングをしているせいか少しわかりづらいかと思いますが注目すべき部分は

パーマがかかっているところ

です。
量が普通の方よりも軽くなってしまっている人の方が

★パサつきが強い
★空洞が多い

のがわかるはずです。
実際にこれがすきすぎている方がパーマをかけた時のデメリットになります。

パーマをかけた後のパサつきの対処方法とは?

パサつきを対処する方法は先ほども少し触れていますが

SHUN
SHUN
スタイリング剤をしっかりとつけ
濡れ感を出してあげる事

これが対処の方法になります^ ^
そのまま乾かしただけで放置すると必ずパサつきで苦しめられます。

なのでしっかりスタイリング剤(オススメはオイル・バーム)を浸透させることにより

ゆるふわスタイル

↑この様に髪自体のパサつきを解決することが可能になります^ ^

【オススメな人⑤】よくコテで巻く人

コテで巻く

そして最後に

SHUN
SHUN
自分でよくコテを巻く方に
パーマがオススメできます

【よくある質問】なんで自分でコテを巻くのにパーマがオススメ?

実際に不思議に思った方の方が多いかと思います。実際に自分でコテで巻いていれば

↑このようなゆるふわスタイルは確実に作ることが可能になります。

コテで巻くのが面倒だから
パーマをかけるんじゃないの?

と感じる方の方が多いかと思います。
確かにその通りなのですが僕から質問があります。

SHUN
SHUN
朝コテで巻いてから
一日中
しっかり持たせることができていますか?

この質問に

全然持ってますよ♪

という方はパーマはかけなくてもいいかなと思います。ですが

朝巻いたとしても
午後にはゆるゆるになります…

一日中持たない方

に関してはパーマをかけることを推奨します^ ^
コテ巻きが持たない方の髪の特徴は

★髪が柔らかい(軟毛・猫っ毛)
★髪が硬い(硬毛)
★髪が太い(太毛)

この3つの髪質が当てはまります。
硬毛・太毛に関しては

↑こちらの方法で解決することも出来ますがやはり午後には緩くなることが多いです。
原因としては

↑こちらを参考にするとわかるかと思いますが

髪の芯まで熱が通ってない

この原因が多いです。
そして

SHUN
SHUN
軟毛・硬毛・太毛全て
元の形に戻ろうとします

それでコテ巻きが緩くなり午後には

うねり

↑この様なうねりになってしまうことが多いはず。そこで元の髪の状態をパーマで形づけることによりしっかりと巻かなくても

ゆるふわパーマ

↑このスタイルが再現しやすくなるということです^ ^

SHUN
SHUN
元の形が”カール“であれば
パーマのカール+コテのカール
を合わせて
しっかりカール
になってくれます

なので

SHUN
SHUN
コテが取れやすい方は
パーマをかけた方が
コテ巻きの難易度が下がり
一日中持ってくれます


これらが”パーマがオススメな人の特徴“です。
実際に髪に悩みがある方は多いはずです。その悩みを解決してくれる手段が実は

パーマ

でもあります。
最近はパーマをかける方がかなり減っていますが

SHUN
SHUN
パーマを
カールをつけるではなく
悩み部分の対策
として考えるとメリット
が出てくるはずです

かけたことがない方はパーマを考慮に入れてみてもいいかもしれません^ ^

パーマが”向いている人“とは?

ゆるふわパーマ

今までは”パーマがオススメな人”に対して書いてきましたがここからは僕自身が思う

SHUN
SHUN
パーマが
向いている人

に対してのお話をしていきます^ ^
実際にパーマが向いている人は

SHUN
SHUN
完全に
ズボラ
な人です

ズボラな人の特徴として

★髪のスタイリングが面倒
★髪がボサボサでも出勤・お出かけする
★とにかく髪に対して何もしたくない

この様に思っているズボラな方です。

なんでズボラな人が
そんなにパーマが向いてるの?

と思うはずなので解説していきます^ ^

【理由①】お手入れが簡単

まず1つ目の理由に

SHUN
SHUN
パーマのお手入れは
とにかく楽なんです

これが理由に上がります。
■先ほど も話していますが

SHUN
SHUN
パーマは乾かして作るものではなく
濡らして作るもの

この部分がキーポイントになります。
実際にズボラな方は

ドライヤーで乾かす

ドライヤーで乾かすこと自体も面倒と感じる方が多いです。なのでパーマを

パーマの乾かし方

↑この様に乾かして作るのも

めんどくさっ

と思うはずです。
なら

お手入れがしなくても
可愛くなれるスタイル

が一番いいのはわかりますよね?
なのでそんなにお手入れが必要ない

ゆるふわパーマ

パーマスタイル

はかなりオススメです^ ^

SHUN
SHUN
濡らすだけでパーマ出るので
お手入れ時間30秒
あれば可能です

【理由②】寝グセを活かせる

髪のうねり

そしてパーマがかかっていれば

SHUN
SHUN
寝グセも味方
にすることができます

朝起きえ寝グセがついてしまっていたとしても

修正時間5秒

あれば可能です^ ^

SHUN
SHUN
パーマがあれば基本的に
軽く濡らせば修正完了です

濡らせば濡らすほどパーマがしっかり出てきますが少しの修正でもパーマをしっかりと出すことはできます。

そして何よりも

SHUN
SHUN
寝グセも水でとかせば
すぐに修正可能です

寝グセがいい感じに髪についていればそのまま残して活かしても良いです。

SHUN
SHUN
髪が真っ直ぐな状態よりも
カールがあった方が基本的に
寝グセをごまかせます

これがズボラな方にとってはメリットになるはずです^ ^

【理由③】乾かさなくても良い

ドライヤー

そして最終的にこれが一番助かることになると思いますが

SHUN
SHUN
ドライヤーで髪を
乾かさなくても良いです

実際にこれが一番パーマが綺麗に出る方法になります。実際のやり方に関しては担当した時にお話しますが

SHUN
SHUN
基本的にお手入れは
しなくても大丈夫です

濡れていれば”指定した事“をやって頂ければそのまま乾くまで何もしなくても大丈夫です。

その指定方法も

ものの5秒以内

で終わります。

【よくある質問】乾かさないと髪が傷むのでは?

この説明をするとよく

髪を乾かさないと
逆に髪が傷むんじゃない?

と聞かれることが多いはずです。

実際に”指定した事“をやって頂ければ問題がないです^ ^


※実際に担当した際に教えています。

そしてこの事実知っているでしょうか?

SHUN
SHUN
ドライヤーで乾かす方が
髪にあまりよろしくない
という事実があります

詳しくは

↑こちらを参考にするとよくわかるはずです^ ^


ズボラな方ならパーマが向いていることが理解できたかなと思います^ ^

SHUN
SHUN
手を抜きたいな…
こう思ったら
パーマをかける
これも選択の1つになるはずです
目次に戻る

【よくある質問】ブリーチと一緒にパーマしても大丈夫?

ブリーチのビフォーアフター

実際に

ブリーチもパーマもやりたいのですが
大丈夫ですか…?

↑このように質問されることがあるのですが

SHUN
SHUN
元の髪が
ブリーチしていなければ
パーマ可能です

が僕の答えになります。
詳しくは

↑こちらを参考にすると良くわかるはずです^ ^
そしてもし最初にブリーチをしてしまっていてパーマをかけたいとしたら

SHUN
SHUN
できないことはないです

その方法が

髪質改善パーマ

になります。

《After》
《Before》

※画像クリックで画像が変わります。

↑この様に結構傷んでいたとしてもパーマを綺麗にかけることができます。
ですが

SHUN
SHUN
ブリーチをしていると
髪の強度が低下しているので
思っている様なパーマがかからない
可能性の方が高い
です

このことをご理解の上でかけるなら問題がないです。パーマをかけるとしたら

SHUN
SHUN
ブリーチをしていない土台で
かけるのが鉄則です
目次に戻る


パーマをこれからかけたいなと考えている人や

パーマってかける事で
何かいいことってあるのかな…?

と疑問に感じている方であれば参考になるはずです。ぜひぜひこちらの記事を参考にパーマ考えてみてくださいね^ ^♪

目次に戻る