【美容室難民の"駆け込み寺"】ショート/ブリーチ/バレイヤージュ/ホワイトカラー/髪質改善

トリートメント の”効果”正しく理解してますか?

*ヘアケア* *美容マメ知識*

髪がなんかパサついてきたかも…そろそろトリートメントして髪補修しないと…

髪の状態が悪くなってきた際に頭に浮かぶことといえば

トリートメントしよう!

この様にトリートメントは何気なく使用している人が多いはずです。今なら誰でも簡単にトリートメントを使用してケアしている方は多いはずです。

そこであなたに質問があるのですが

SHUN
SHUN
トリートメントの
効果
ってしっかり理解していますか?

SHUN
SHUN

おはようございます。
休日始まりましたね♪
青森市フリーランス美容師
BLAZE hair(ブレーズヘア)所属
SHUN(しゅん)
です🐒

※SHUNの事を詳しく知りたい場合は

↑こちらより閲覧可能です。

トリートメントをする際に

どのトリートメント使おうかな?

と悩むことってあると思います。

オススメはなんだろう…?

とネットで探したり直接美容師さんに聞くこともあるはずです。

僕からお伝えしたい事があるのですが

SHUN
SHUN
オススメのトリートメントを
知る前にまず

★トリートメントの効果
★トリートメントの働き

についてしっかり理解した方が
ヘアケアの仕方が変わります

この事について今回解説していきます^ ^

トリートメントの”効果”とは?

トリートメント

トリートメントを使用する前にあなたは

トリートメントの効果

ってしっかりと理解できているでしょうか?
まずは確認の意味も含めてこちらで解説していきます^ ^

【トリートメントの効果①】キューティクルケア

キューティクルケア

まずトリートメントの効果の1つに

キューティクルケア

があります。

なんでキューティクルを
綺麗にしないといけないの?

と感じる人もいると思うので説明をしていきます^ ^

【キューティクルケアの効果①】見た目を綺麗にする

サラサラな髪の状態画像

これは基本中の基本で大事な部分になりますが

SHUN
SHUN
キューティクルケアをして
見た目を綺麗にする

という効果があります。
トリートメントをした際に

髪がツヤツヤになった!

と感じるかと思いますがこの効果の影響です^ ^

SHUN
SHUN
髪を綺麗にする事は
トリートメントでは
最重要項目
です。
綺麗にならないトリートメントは
基本はないです

トリートメントを使用する目的に

髪を綺麗に見せたい

と思っている人が多いはず。
髪を綺麗に見せるためにトリートメントは必須です^ ^

【キューティクルケアの効果②】外部ダメージの阻止

キューティクルケア

次に

SHUN
SHUN
外部の痛みの要因から
髪を守るため

この効果があります。
キューティクルが整っていないと

★紫外線の影響
★湿気での膨張によるクセ
★乾燥による痛み

etc…

などさまざまな外気の影響を受けます。
よく職場でエアコンの影響で

髪がパサパサになってきた…

と感じたり外で遊んでいたら

毛先がなんかチリってきた…

と紫外線の影響をモロに受ける時があるはず。
これは全て

SHUN
SHUN
キューティクルの状態が
悪化
しているのが原因です

これを阻止するためにキューティクルを整え、コーティングしてくれる役割もトリートメントにはあります^ ^

【キューティクルケアの効果③】内部栄養素の流出阻止

キューティクルケア

そしてキューティクルが整っていなければ

SHUN
SHUN
毛髪内部の栄養が流出し

★髪が痩せ細ってしまう
★ニオイの原因になる

これらの原因が出てしまいます。
なのでキューティクルを整えて髪内部の栄養素流出を防ぐ事ができます^ ^

【トリートメントの効果②】内部補修

キューティクルと毛髪内部ケア

そしてキューティクルケアの他にもトリートメントには

SHUN
SHUN
毛髪内部補修
の効果もあります

キューティクルケアよりもこちらの”内部補修”の方が大事になります。

なんで内部補修の方が
大事なの?

と言われる事が多いので簡単にですが説明をします^ ^

スキンケアは見かけだけ大事?

スキンケア

例えば肌に関してですが

SHUN
SHUN
肌を綺麗にするためには
外部補修(キューティクル)が大事?
内部補修が大事?

当然”内部補修“だと思う人の方が多いはずです^ ^
あなたに質問があるのですが

SHUN
SHUN
肌荒れの原因
ってなんだと思いますか?
肌荒れの原因

肌荒れの原因には

★使う化粧水があってない
★使う化粧品があってない
★使うクリームがあってない

など外的原因もありますが多くは

SHUN
SHUN
内部栄養素の不足で
ターンオーバーが
遅れてしまっている

事が原因になっています
ターンオーバー

このターンオーバーを整えるためには

★生活習慣の乱れを治す事
★栄養素の補給(食生活)
★肌の水分保湿

etc…

など”内部補修“が大事になります。
内部を整える事によって

肌を触る

↑綺麗な肌を維持する事が可能になります^ ^


スキンケアの例を出しましたが髪の場合も同じです。

SHUN
SHUN
いくら外見を綺麗にするために
キューティクルを整えるだけでは
すぐに痛みが侵攻してしまい
キューティクルの状態も
整えたくても整わなくなります

つまりこういう事です。

内部補修比較
SHUN
SHUN
髪を綺麗にするには
キューティクルケアも必要ですが
土台となる
内部補修の方が大事
になります


これらが”トリートメントの役割“になります^ ^
役割がわかったところで今度は

SHUN
SHUN
トリートメントの
役割
について解説します
目次に戻る

トリートメントの”役割”とは?

流さないトリートメント

ここからは

SHUN
SHUN
トリートメントの
本来の役割
について解説します

【トリートメントの役割①】手触りを良くする

手触り改善

まずトリートメントの役割として

SHUN
SHUN
手触りを良くしてくれる作用
があります

これは使っていて誰もが実感していることかなと思います^ ^

やっと手触り良くなった♪
ツルツルになって
触って気持ちいい♪

トリートメントをした後にはこの様に感じる人が多いはずです^ ^
これは

キューティクルケア

によるものです。

【トリートメントの役割②】髪の状態を良くする

髪質改善ビフォーアフター

次にトリートメントは

SHUN
SHUN
髪の状態を良くしてくれる
ものです

これは内部補修効果によるもので

髪がしっかりした感じがする

と感じるはずです^ ^
内部に栄養素を補給する事で

SHUN
SHUN
健康に近い
髪の状態を作ってくれます

【トリートメントの役割③】傷まない様に対策できる

ツヤ

実はトリートメントで一番大事になる部分が本来の役割とは

SHUN
SHUN
髪がこれ以上傷まない様
対策するもの

なんですよね。
今まで見てきた

★キューティクルの状態を整える
★髪内部に栄養素を補給する

というのは一見”髪の状態を良くするのがメイン“と考えてもおかしくはないのですが

SHUN
SHUN
これ以上傷まない様に
髪をしっかり補修する

というのがトリートメントの本来の意味であり役割にあたります。


これらの内容が”トリートメントの本来の役割“になります。よくトリートメントは

髪が傷んできたから
そろそろトリートメントしなきゃ…

と考える人が多いのですが

SHUN
SHUN
傷んでからトリートメントするのは
すでに遅いです

…びっくりしたかもしれませんね。

トリートメントって
傷んでから状態を
良くするものじゃないの?

と思っている人の方が多いはずだから。
ですがこれだと

SHUN
SHUN
いつまで経ってもあなたの髪は
綺麗になる事がありません

これが一体どういう事なのかは次の項目でお話していきます^ ^

トリートメントに頼る前に知っていてほしい事

知っておいてほしい事

髪が傷んだからトリートメントをする

これは先ほども言った通り

SHUN
SHUN
傷んでからのトリートメントでは
すでに遅いです

この意味を知るには

SHUN
SHUN
トリートメントに頼る前に
真実を知る必要があります

こちらの項目は

絶対的に知っておいてほしい事

になります。

【知ってほしい事①】髪が死滅細胞という意味

アイキャッチ画像

まず大前提に知っていてほしい事が

SHUN
SHUN
髪は
死滅細胞

という事です。
髪の組織についてしっかりと知る必要があります。死滅細胞については

↑こちらに記載していますのでぜひ参考にしてみて下さい^ ^

【知ってほしい事②】ヘアケアの本来の意味

アイキャッチの画像

死滅細胞の意味を知ったら今度は

SHUN
SHUN
ヘアケアの本来の意味
について知る必要があります

あなたの中でヘアケアとはなんでしょうか?
今思っているヘアケアの意味が同じであれば

SHUN
SHUN
あなたのヘアケアの仕方は
間違ってません

ヘアケアに関しては

↑こちらにまとめていますのでせひ参考にしてみて下さい^ ^

【知ってほしい事③】ヘアケアの”優先順位

アイキャッチ画像

ヘアケアの本来の意味がわかったら最後に

SHUN
SHUN
変えるべき
ヘアケアの優先順位

があります。
髪が傷んだらトリートメントと思っていませんか?

SHUN
SHUN
この考えであれば
髪が綺麗になる事はありません

しっかりと優先順位を知る事が大事です。
詳しくは

↑これらの記事を参考にしてみて下さい^ ^


これらの内容を深く理解する事で次にお話しすることの理解が深まるはずです^ ^

トリートメントとは”予防薬”です

ツヤ

★トリートメントの効果
★トリートメントの役割
★髪は死滅細胞
★ヘアケアの本来の意味
★ヘアケアの優先順位

これらの内容をしっかり理解することで

SHUN
SHUN
トリートメントとは
髪が傷まない様にする
予防薬

というのが理解できるはずです。
確かに髪の状態を良くするものがトリートメントではありますが

SHUN
SHUN
髪自体が死滅細胞で
復活する事がない

この様な事実を知る事で

SHUN
SHUN
髪をいかに痛めない様に
ヘアケアをするかどうか

が一番大事になります。

★シャンプーはなるべく傷まない物
★トリートメントで外的・内的痛み予防

これらをする事で

サラサラな髪の状態画像

美髪をキープする事が可能

になります^ ^

SHUN
SHUN
髪は復活しません。
トリートメントで綺麗になるのは

★擬似的内部栄養素補給
★キューティクルケア

があるからこそ

です。でも本当の意味は

SHUN
SHUN
これ以上髪が傷まない様に
栄養を補給しているだけです

★髪を綺麗に補修するためなのか?
★これ以上痛めない様に補修する為なのか?

どちらを前提に考えるかだけでトリートメントを使う概念が変わってきます。そしてあなたの髪が今後綺麗になるかどうかも左右します。

SHUN
SHUN
トリートメントは
これ以上髪が傷まない様するための
予防薬
です

正しい知識を持ってトリートメントを使う事であなたの髪も

ツヤ

必ず綺麗になるはずです^ ^

【よくある質問①】トリートメントは毎日使用しても大丈夫?

トリートメント

良く質問される事があるのですが

トリートメントは
毎日
やっても大丈夫ですか?

という事。僕の答えは

SHUN
SHUN
全然毎日トリートメント
して頂いた方がいいです

そしてトリートメントをする際に気を付けてほしい事があります。

【気をつける事①】適量をつける事

トリートメント

まず1つ目に

SHUN
SHUN
トリートメントは
適量だけ
つけて下さい

要するに

SHUN
SHUN
大量につけても
意味がありません

という事です。
トリートメントの成分なのですが

SHUN
SHUN
決まった量
しか髪に浸透しません

なので大量につけたとしても髪に浸透せずに

ただ無駄にしてしまうだけ

です。かと言って少なすぎるのも効果が薄れてしまうので

トリートメント
SHUN
SHUN
目安として
トリートメントを馴染ませた後
くしを通した際に
引っ掛かりがなくなるくらい

がベストです^ ^

【気をつける事②】傷んでる局部につける

トリートメント

トリートメントをつける際に全体的に均一につける方が多いですが

SHUN
SHUN
トリートメントは
気になる局部
にしっかりつけて下さい

局部のみにつけて全体につけないのも

予防薬の役割が薄れてしまう

ので

SHUN
SHUN
局部に付けてから
手に余っているものを
全体に馴染ませて下さい

【気をつける事③】必ず”放置“する事

砂時計

トリートメントはすぐに流さずに

SHUN
SHUN
必ず時間を置いてから
流して下さい

トリートメントはつけてからすぐに髪の内部に浸透するものではありません。時間を置いてやっと内部まで浸透していきます。

SHUN
SHUN
時間を置く目安は
急いでいる時には
5分
じっくり置ける時は
10〜15分

置く事でしっかり髪内部まで浸透させることができます^ ^

【よくある質問②】トリートメントの正しい使い方教えて!

トリートメント

お客様からの話を聞くとトリートメントの使い方を結構間違えている方が多いのでここで

トリートメントの正しい使い方

について解説しておきます^ ^

【正しい使い方①】しっかり汚れを落とす事

シャンプー

トリートメントをする前の大前提となりますが

SHUN
SHUN
しっかりと汚れを
シャンプーで落として下さい

髪の表面についている

★スタイリング剤
★コーティング剤
★ヘアオイル

etc

など髪を綺麗に見せるためにつけている人は多くいると思います。
それが髪に残っていると

SHUN
SHUN
表面に油膜ができているために
トリートメントが浸透しづらい状態

になっています。

SHUN
SHUN
油膜を優しくでもいいので
シャンプーをもみ込んで洗って下さい

【正しい使い方②】トリートメントを浸透させる

トリートメント

シャンプーが終わったらトリートメントを浸透させます。このやり方に関しては■上記 でも話していますので割愛します。

【正しい使い方③】軽く流す

シャンプー

そしてトリートメントが浸透したら

SHUN
SHUN
軽く流して下さい

目安としては

SHUN
SHUN
髪を触った時に
ヌルヌル感が残るくらい
です

内部にはしっかりと栄養素が放置で入りましたが、キューティクルケアの点で流しすぎてしまうと

表面の油分が少なくなりキューティクル
がパサつきやすくなります

なので流す際には

SHUN
SHUN
ヌルヌルが残る程度

が一番ベストです^ ^

【正しい使い方④】コンディショナーをつける

トリートメント

トリートメントだけで終わっても大丈夫なのですが

SHUN
SHUN
さらに良くしたい場合は
コンディショナーも
トリートメント後につけるのが
ベスト
です

コンディショナーはその名の通り

髪のコンディションを
整えるもの

です。
トリートメントとは違って内部に栄養素を補給するものではないですが

SHUN
SHUN
髪表面の状態を
綺麗に整える効果

があります

要するに

SHUN
SHUN
キューティクルに対して
特化している製品です

キューティクルケアをトリートメントでした後に

コンディショナーで
油膜を張る

これで

★内部栄養素の流出阻止
★キューティクルケアの保護

どちらもコンディショナーで強化可能です^ ^

SHUN
SHUN
特に痛みが強い人であれば
コンディショナーで油膜を張ると
状態がさらに良くなります
目次に戻る

トリートメントの役割・効果についてしっかり理解できたかなと思います^ ^
基本的にトリートメントは

SHUN
SHUN
髪を復活させるものではなく
痛みから予防するもの

です。
これらを理解できれば

SHUN
SHUN
今後髪が痛むことを
事前に阻止できるはずです

ぜひ参考にしつつトリートメントを活用してみて下さい^ ^♪

目次に戻る